ページの先頭です

産前産後期間の国民年金保険料免除制度

[2019年3月25日]

ID:8593

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が全額免除となります。

制度について

対象者

国民年金第1号被保険者で出産予定日または出産日が平成31年2月1日以降の人

※厚生年金加入中の人や配偶者の扶養に入っている人は対象となりません。

※出産とは妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産も含みます。)

制度内容

出産予定日または出産日の前月から4か月間の国民年金保険料が免除の対象となります。

多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日の3か月前から6か月間が免除の対象となります。

ただし、平成31年4月から施行の制度のため、平成31年4月以降の期間が対象です。

産前産後免除期間は保険料納付済期間として算入されるため、法定免除や申請免除が承認されている場合でも、申請により産前産後期間の免除が優先されます。

すでに保険料をお支払されている場合は、産前産後免除期間中の定額保険料が還付されます。

手続きについて

次の書類を持って、医療年金課国民年金係で手続きをお願いします。

・年金手帳

・出産予定日または出産日が証明できるもの(母子健康手帳、住民票、戸籍謄(抄)本等)

・認印

 ※別世帯の代理人の方が手続きされる場合は、上記に加えて委任状と代理人の方の本人確認書類が必要です。

届出時期

出産予定日の6か月前から届出できます。出産後でも届出が可能です。

※ただし、申請受付は平成31年4月1日から開始です。

組織内ジャンル

健康福祉部医療年金課国民年金係

お問い合せ

長岡京市健康福祉部医療年金課国民年金係

電話: 075-955-9512

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


産前産後期間の国民年金保険料免除制度への別ルート