ページの先頭です

大河ドラマ決定記念シンポジウム「地形から読み解く藤孝・光秀~勝龍寺城と山崎合戦の秘密」開催!

[2019年5月15日]

ID:8746

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

大河ドラマ「麒麟がくる」放送まであと半年!

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は明智光秀。長岡京市は、光秀ゆかりの地。

市内には、「勝龍寺城」や「恵解山古墳」など、歴史の舞台となった場所が数多くあります。

光秀最後の戦い「山崎合戦」の舞台!

光秀最後の戦いとなった「山崎合戦」では、恵解山古墳に光秀軍の本陣が置かれたといわれています。

また、「勝龍寺城」城主として西岡地域(現在の乙訓地域)を支配した細川藤孝(幽斉)は、光秀の盟友でもありました。

「地形」から勝龍寺城や山崎合戦の秘密に迫ります!

今回のシンポジウムは、中世の歴史と京都の高低差の専門家をお招きし、「地形」に焦点をあてて、戦国時代の勝龍寺城の役割や光秀・藤孝の動向に迫ります。

ぜひ、ご参加ください。

記念シンポジウム「地形から読み解く藤孝・光秀」

日時

6月1日(土曜日)

午前10時から正午まで

※開場は、午前9時30分を予定しています。

場所

バンビオ(中央生涯学習センター)3階メインホール

内容(予定)

《第1部》

基調講演

仁木宏さん(大阪市立大学教授)

《第2部》

ディスカッション

仁木宏さん(大阪市立大学教授)

梅林秀行さん(京都高低差崖会崖長)

定員

先着300名

申し込み・参加費

申し込み不要・参加無料です。

※託児・要約筆記・手話通訳のサポートが必要な方は、5月24日までに生涯学習課へお申し込みください。

シンポジウムチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

同日開催!戦国でつながる青空市「アンネモー」

バンビオ広場公園に細川ガラシャや明智光秀など、戦国時代をテーマに個性豊かなショップが出店!

また、ステージイベントなども開催します。

ぜひ、お越しください!

くわしくは、アンネモーのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市教育部生涯学習課(図書館内)生涯学習・文化財係

電話: 075-955-9534(生涯学習)、075-954-3557(文化財)

ファクス: 075-954-8500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


大河ドラマ決定記念シンポジウム「地形から読み解く藤孝・光秀~勝龍寺城と山崎合戦の秘密」開催!への別ルート