ページの先頭です

劇団四季俳優が長四小で特別授業 「美しい日本語の話し方教室」

[2019年10月30日]

ID:9237

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生徒の前で代表であいさつのデモンストレーションをする生徒と俳優さん

劇団四季俳優による「美しい日本語の話し方教室」が10月7日、長岡第四小学校で行われました。

京都劇場で上演中の『ノートルダムの鐘』に出演している柳隆幸さんら3人が特別講師として登場。特に母音に着目して練習をし、「はっきりした発音で話すことは、自分の気持ちをきちんと伝えるために大事」と伝えました。

まずは母音だけでの発音を練習

“学校へ行ってみよう”を“あっおうえいっえいおう”と、発音して練習。
「母音が続くときは、うしろのほうの母音を高くすると、聞きやすく、相手に伝わりやすくなります」など、コツを伝授。
母音を大事に。これが劇団四季流です!

生徒と歌を歌って発生練習

授業の最後には、「友だちはいいもんだ」を合唱。
みんなしっかり発音できました!

来年1月15日には、『カモメに飛ぶことを教えた猫』が長岡京記念文化会館で上演

劇団四季26年ぶりの新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』。

公演情報は、長岡京芸術劇場のページ劇団四季公式ホームページ(別ウインドウで開く)でご確認ください。



※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム