ページの先頭です

狂言show in なかの邸

[2020年2月12日]

ID:9490

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国登録有形文化財の中野家住宅を活用した飲食店「なかの邸」で、大蔵流狂言家の河田全休さんを迎えた「KYOGEN SHOW(狂言しよう)」が開催されました。

なかの邸での文化発信イベントはこれが初めて。

世界無形文化遺産「狂言」の奥深さを知ることができました。

伝統文化❝狂言❞を伝授

河田全休さん

イベントでは、趣のある空間で河田全休さんが「柑子」と「焼栗」を披露しました。

泣きの演技を伝授

演目の後は、物語の解説や狂言ならではの仕草、衣装、役柄の特徴など、河田さんのユーモラスなお話も。

伝授を受ける参加者

ワークショップということで、参加者は笑い方や泣き方、扇を使った振る舞いなどを習い、挑戦!

伝授する河田さん

笑いは「は」、泣きは「へ」で発声するようですよ。

伝わるようにおおげさな身振りの演技

身振り手振りをおおげさにすることで、「見ている方にも波動、エネルギーを伝えたい」とおっしゃる河田さん。
その言葉どおり、迫力を感じる演技でした。
狂言は、喜劇的な話が多く、なにげない日常を取り上げることがよくあるそうです。
そのため、初心者でも見やすく、聞きやすく、理解しやすい印象でした。

和菓子と抹茶

今回お邪魔した昼の部では、梅羊羹と抹茶をいただきながら、狂言を鑑賞。

食事

そしてお食事には、旬の野菜がふんだんに使われたなかの邸御膳をいただきました。

イベントは今後も続きます。

「なかの邸」では、定期的に伝統文化を交えたイベントを実施される予定です。

次回開催されるのは、こちら。

「1夜限定 有形文化財で楽しむ狂言とおばんざい」

狂言のワークショップ、和蝋燭を楽しむおばんざいコース料理(ドリンク代別)、狂言が楽しめます。

日時:3月14日(土曜日)、午後5時から午後9時

チケット:10,000円(税別)

※事前申込制

昼の営業が始まります!

夜のみの営業でしたが、昼も食事ができるようになりました。

すてきな空間でおいしいご飯を味わいませんか。

なかの邸御膳 1,500円(税別)

コーヒー、デザートもあります。

※2日前までの予約制

※日曜日、月曜日は定休日

イベント・食事の問い合わせ

おばんざいとお酒 なかの邸

電話:075-959-2877

住所:〒617-0844 長岡京市調子1丁目6-35

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム