ページの先頭です

令和元年度協働ワーキング報告書

[2020年6月22日]

ID:10058

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年度の活動報告

1.構成員

委 員:原田委員、安田委員、新井委員、拜郷委員、渡邉委員、磯部委員、田中委員
事務局:自治振興室

2.はじめに

 市民参画協働政策研究会(協働ワーキング)は、平成21年4月に市民と行政との協働によるまちづくりを考え、「長岡京市オリジナルの協働の形」を探るために立ち上げられ、11年目となる。
今日、少子高齢化は急速に進行し、地域を取り巻く環境や人々の価値観も大きく変化している。市民のニーズも多様化し、行政主導のまちづくりだけでは対応できなくなってきたため、多様な主体が互いの役割を補完し合い、協働してまちづくりを担う必要が出てきた。一方、なぜ「協働のまちづくり」が必要なのかということや、「協働のまちづくり」を行うためには何が必要なのかということが市民も行政も十分には把握できていないのが現状であり、課題となっている。
 そこで、協働ワーキングでは、平成23年3月に協働のまちづくりの意義や具体的な手法及び道筋をわかりやすく示した「市民協働マニュアル(初版)」を作成し、平成24年度には「市民協働マニュアル【はじめの一歩編】」を発行した。平成25年度は市職員の協働意識の向上を目的とし、職員アンケートや職員基礎研修、協働事例紹介の取組を実施し、平成26年度以降も継続した取組を行っている。平成27年度には、「市民協働のまちづくり推進プラン」策定についての検討を行い、平成28年度は、「協働事例を集めた事例集」を発行した。また、ワーキングメンバー有志及び市民も参画した実行委員会を設立し、「防災街コン」を開催した。平成29年度は、職員アンケートや職員基礎研修、協働事例紹介を実施した。
平成30年度は、職員の協働意識向上を目的として引き続き、職員研修を実施し障がい者基本条例に関わる団体にインタビューを行い、協働事例を発行した。令和元年度は、職員アンケートや職員基礎研修を実施した。

3.活動実績

令和元年度の協働ワーキングでは、市職員の協働意識の向上に向け、研修や職員アンケートを実施した。

  1.  市民参画協働研修の内容を企画し、グループワークリーダーとして参加
  2.  協働ニュースの発行
  3.  職員アンケートの実施

協働ワーキングは4回の会議と職員研修の打ち合わせ、職員研修と計6回実施され、第1回に本年度の活動方針および内容の検討を行い、第2回以降は、上記1から3の実施にあたっての作業を行った。

活動実績

日時

内容

令和元年7月18日(木曜日)

午前9時30分から10時20分まで

第1回市民参画協働政策研究会(協働ワーキング)

・平成30年度の取組について

・令和元年度の活動予定について

・令和元年度の役割分担について

令和元年11月14日(木曜日)

午後2時から3時10分まで

第2回市民参画協働政策研究会(協働ワーキング)

・職員研修について

・職員アンケートについて

・プチナレ(市内団体版)について

令和元年12月4日(水曜日)

午後3時から4時30分まで

講師を依頼している高橋さんと

職員研修についてのミーティング

令和元年12月17日(火曜日)

午前9時30分から12時まで

職員研修の実施

グループワークにグループリーダーとして参加

令和2年1月20日(月曜日)

午前10時から11時まで

第3回市民参画協働政策研究会(協働ワーキング)

・職員研修について

・職員アンケートについて

・プチナレについて

令和2年2月5日(水曜日)

協働ニュース No.35の発行

令和2年2月7日(金曜日)

職員アンケートの実施

令和2年3月25日(水曜日)

第4回市民参画協働政策研究会(協働ワーキング)

・報告書について

・協働ニュースについて

・ワーキングメンバーについて

令和2年3月31日(火曜日)

協働ニュース No.36の発行

庁内インフォメーションで協働事例紹介

4.成果

・市民参画協働研修にグループワークリーダーとして参加

・職員アンケートの実施

・市民参画協働ニュースの発行  

 市民参画協働研修は、1、2年目の市職員を対象に市民参画協働研修会を実施し、32名の参加があった。「NPOとは」、「協働について」の講義を受け、その後、グループワークを行った。グループワークでは、「まずは市役所内部の協働をすすめよう!」をテーマに「部署の困っていること」を挙げて、そのあとにどうすればよいか考えた。協働ワーキングメンバーはグループワークのリーダーとして参加した。受研者のアンケートにおける総合的な研修参加満足度は5段階評価で平均4.5であった。

 協働に関する職員アンケートを実施した結果、協働を「よく意味を知っている」と回答した人は18パーセント、「だいたい知っている」と回答した人は63%で、約81%の職員が協働についてある程度、知っている結果となった。

 協働ニュースでは、職員アンケートの結果について職員に周知した。また、市内インフォメーションにて、協働の事例紹介を行った。

5.おわりに

 本年度は、職員研修や協働の研修などをとおし、協働の知識や認識を深めた。市職員アンケート結果では、「よく知っている」と「だいたい知っている」が前回のアンケートより5%増え、市職員の協働の認知も深まったと思う。

 来年度は市職員の協働意識の更なる向上に向け、職員研修を実施していくとともに、各課の情報を集めて共有することで、庁内の協働をより進めていく予定です。

 引き続き協働のまちづくりの推進と実態の研究を行う中で、「長岡京オリジナルの協働のかたち」を模索していきたい。


お問い合せ

長岡京市市民協働部自治振興室市民参画協働担当

電話: 075-955-3164

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム