ページの先頭です

【ワクチン集団接種】警報などによる中止の判断基準について

[2021年11月11日]

ID:11544

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

事前に「暴風警報」「特別警報」が発令されている場合は原則中止

判断基準

市内会場で行う、新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、以下のように中止の判断を行います。


  • 長岡京市内に「暴風警報」または「特別警報」が発表されている場合は原則中止とします。

  ※当日の気象状況により、実施する場合があります。


*大雨警報では、原則実施する予定です。


判断時間

午前の部の実施について

  • 日曜日に行っている「午前8時40分~正午」の予約枠の実施有無については、上記の警報が発令されている場合、その日の午前7時にホームページでお知らせします。


午後の部の実施について

  • 土・日曜日に行っている「午後1時40分~5時」の予約枠の実施有無については、上記の警報が発令されている場合、その日の午前10時にホームページでお知らせします。


接種している間に上記警報が出た場合は

  • 予防接種を開始したあとに、「暴風警報」「特別警報」が発令された場合は、発令時間までに来場した人の分までは接種を行い、以降の予約枠については接種を中止する場合があります。
  • また、その他直近の気象状況により、緊急で中止の判断を行うことがあります。その場合は現場での案内に従って行動いただくよう、ご協力をお願いします。


中止になった場合は

  • 中止および、中止になった場合の振り替え接種については、ホームページ等でお知らせします。



組織内ジャンル

健康福祉部健康づくり推進課新型コロナウイルスワクチン接種事業担当

お問い合せ

長岡京市健康福祉部健康づくり推進課新型コロナウイルスワクチン接種事業担当

電話: 075-955-9732

ファクス: 075-955-2054

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム