○長岡京市監査委員条例

昭和47年12月28日

条例第33号

(趣旨)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第200条第2項及び第202条の規定に基づき、監査委員に関し、必要な事項を定めるものとする。

(監査委員事務局の設置)

第2条 監査委員に関する事務を処理させるため、監査委員に事務局を置く。

(職員の定数)

第3条 事務局長、書記その他の職員の定数は、長岡京市職員定数条例(昭和39年条例第9号)の定めるところによる。

(補則)

第4条 この条例の定めるものを除くほか、監査委員の事務執行に関する必要な事項は、監査委員が協議して定める。

附 則

1 この条例は、昭和48年1月1日から施行する。

2 監査委員条例(昭和39年条例第3号)は、廃止する。

附 則(平成18年9月29日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

長岡京市監査委員条例

昭和47年12月28日 条例第33号

(平成18年9月29日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
昭和47年12月28日 条例第33号
平成18年9月29日 条例第29号