○長岡京市商工業振興対策審議会条例施行規則

昭和50年4月1日

規則第5号

(目的)

第1条 この規則は、長岡京市商工業振興対策審議会条例(昭和50年条例第5号)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(会議の通知)

第2条 会長は、やむを得ない場合のほか会議の3日前までに議案を添えて、会議の日時及び場所を委員に通知しなければならない。

(欠席及び早退)

第3条 前条の通知を受けた委員は、会議に出席できないときはあらかじめその旨を会長に申し出なければならない。

2 審議の途中において、早退しようとする者は会長にその旨を届け出て承認を得なければならない。

(委員以外の者の出席)

第4条 会長は、必要と認めるときは委員以外の者を会議に出席させて意見を述ベさせ又は説明させることができる。

(会議録の作成)

第5条 会議録は、会議ごとに次にかかげる事項について作成しなければならない。

(1) 開会の日時、場所及び出席者の氏名

(2) 議題及び審議の経過概要

(3) その他会長が必要と認めた事項及び関係資料

(答申書)

第6条 会長は、諮問を受けた議決事項についてすみやかに文書をもつて市長に答申するものとする。

(部会)

第7条 部会は、審議会から付託された事項について調査、審議するものとする。

2 部会は、必要に応じ部会長が招集する。

3 部会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

4 部会の議事は、出席委員の過半数をもつて決し可否同数のときは部会長の決するところによる。

(部会長)

第8条 部会長は、部会を代表し部会の議事その他事務を処理する。

2 部会長に事故があるとき又は欠けたときは、部会に属する委員のうちから部会長があらかじめ指名した者がその職務を代理する。

3 第2条第3条第4条及び第5条の規定は、部会の会議について準用する。この場合において、これらの規定中「会長」とあるのは「部会長」と読み替えるものとする。

4 部会長は、付議事項について調査、審議したときは、その結果を審議会に報告しなければならない。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、審議会の議事その他の運営に関し必要な事項は、会長が審議会にはかつて定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

長岡京市商工業振興対策審議会条例施行規則

昭和50年4月1日 規則第5号

(昭和50年4月1日施行)