○長岡京市農業委員会選挙事務取扱規程

昭和32年8月1日

農委規程第2号

(適用範囲)

第1条 この規程は、長岡京市農業委員会(以下「委員会」という。)の選挙について適用する。

(選挙の宣告)

第2条 委員会において選挙を行うときは、会長はその旨宣告する。

(投票用紙の配布及び投票箱の点検)

第3条 投票を行うときは、会長は、職員をして委員に所定の投票用紙を配布させた後、配布洩れの有無を確めなければならない。

2 会長は、職員をして投票箱を改めさせなければならない。

(投票)

第4条 委員は、順次投票用紙を備え付けの投票箱に投入するものとする。

(投票箱の閉鎖)

第5条 会長は、投票が終つたと認めるときは、投票洩れの有無を確かめ、投票箱の閉鎖を宣告しなければならない。

2 前項の宣告があつた後は、投票することができない。

(開票及び投票の効力)

第6条 会長は開票を宣告した後、3人以上の立会人とともに投票を点検しなければならない。

2 前項の立会人は、会長が委員の中から会議に諮つて指名する。

3 投票の効力は、立会人の意見をきいて会長が決める。

(選挙結果の報告)

第7条 会長は、選挙の結果を直ちに会議において報告しなければならない。

(投票用紙の様式)

第8条 委員会で行う選挙に用いる投票用紙の様式を次のように定める。

画像

(選挙に関する疑義)

第9条 選挙に関する疑義は、会長が会議に諮つて決める。

(選挙関係書類の保存)

第10条 会長は、投票の有効、無効を区別し、当該当選人の任期間中、関係書類とあわせてこれを保存しなければならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和32年7月20日から適用する。

附 則(昭和47年10月1日農委規程第1号)

この規程は、昭和47年10月1日から施行する。

長岡京市農業委員会選挙事務取扱規程

昭和32年8月1日 農業委員会規程第2号

(昭和47年10月1日施行)