○長岡京市情報提供等の推進に関する規程

平成12年3月31日

合同訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、市民の市政への理解を深めるとともに市政への参加を促進するため、市政情報の積極的な提供を行い市民の声を聴取することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において「情報提供等」とは、広く市民の市政への理解と認識を深めるために市政に関する情報を提供し、及び広く市民の声を市政に反映するために市政に対する意見、要望等を把握することをいう。

(情報提供等の推進の施策及び方策)

第3条 市は、次の各号に掲げる施策を当該各号に定める方策をもって実施し、情報提供等を総合的に推進するものとする。

(1) 広報広聴施策 次のとおりとする。

 広報活動 広報紙その他の広報媒体による市政情報発信を市民ニーズに即して積極的に行う。

 パブリシティ活動 報道機関等に対する情報提供活動を時機に応じて積極的に行う。

 広聴活動 市民の声を市政に生かすためにする意見、要望等の把握を広く積極的に行う。

(2) 情報提供施策 常に行政資料の充実を図り、市民が閲覧できる環境を整えるとともに、市民の求めに応じて行う情報提供を迅速かつ的確に行う。

(情報提供主管課長の責務)

第4条 情報提供等の事務を主管する課の長(以下「情報提供主管課長」という。)の責務は、次のとおりとする。

(1) 市政全般にわたる情報提供等に関する総合的な企画、立案及び調整

(2) 各部局等で行う情報提供等に類するものの合議調整

(職員及び各課等の長の責務)

第5条 すべての職員は、その所掌する事務について、必要な事項を必要な時期にわかりやすく市民に伝え、及び市民の意見、要望等を把握するよう努めなければならない。

2 各課等の長は、所属職員が前項の規定による責務を果たすよう指揮するとともに、所管する施策等に関し、情報提供等の適切な推進方策を見極め、情報提供主管課長との連絡を密にしながら、市民への情報提供等の推進に努めなければならない。

(その他)

第6条 この訓令の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

長岡京市情報提供等の推進に関する規程

平成12年3月31日 合同訓令第1号

(平成12年4月1日施行)