○長岡京市職員の再任用に関する条例施行規則

平成14年3月29日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、長岡京市職員の再任用に関する条例(平成13年長岡京市条例第2号。以下「条例」という。)に規定する職員の再任用の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(再任用の申込)

第2条 再任用として勤務を希望する者は、あらかじめ定められた期間内に再任用申込書(第1号様式)を提出するものとする。

2 再任用の選考にあたり、必要があると認めるときは、前項の申込書を提出した職員に対して、次に掲げる事項を証明する書類の提出を求めることができる。

(1) 再任用時点での健康状態

(2) 免許その他の資格

(再任用の承認)

第3条 任命権者は、定年退職(長岡京市職員の定年等に関する条例(昭和58年長岡京市条例第36号)第2条の規定により退職することをいう。)又は勤務延長の後に退職した日の翌日以後の期間が1年を超えている者を再任用する場合には、あらかじめ再任用承認申請書(第2号様式)を提出して市長の承認を得なければならない。この場合において、当該申請書には当該再任用を行おうとする者の履歴書を添付しなければならない。

(再任用の任期の更新)

第4条 条例第3条に規定する任期の更新を希望する再任用職員は、あらかじめ定められた期間内に再任用更新申込書(第3号様式)を提出するものとする。

2 第2条第2項の規定は、前項の更新申込について準用する。

(辞令の交付)

第5条 任命権者は、次の各号のいずれかに該当するときは、人事異動及び人事記録に関する規程(平成8年長岡京市合同訓令第1号)の規定による辞令を職員に交付しなければならない。ただし、第3号に掲げる場合のうち、辞令の交付によらないことを適当と認める場合は、辞令に代わる文書の交付その他適当な方法をもって辞令の交付に替えることができる。

(1) 再任用を行う場合

(2) 再任用の任期を更新する場合

(3) 再任用の任期の満了により職員が当然退職する場合

(報告)

第6条 任命権者は、毎年6月末日までに、再任用等の状況報告書(第4号様式)を提出して、前年の5月1日以後の1年間における再任用及び再任用の任期の更新の状況を市長に報告しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行期日前に、任命権者が定めた様式により定められた期間内に提出された再任用申込書は、この規則により提出されたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

長岡京市職員の再任用に関する条例施行規則

平成14年3月29日 規則第4号

(平成14年3月29日施行)