ページの先頭です

絹本著色二河白道図

[2019年3月18日]

ID:1284

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

光明寺二河白道図の写真

1幅
鎌倉時代
光明寺蔵
国指定重要文化財

読み

けんぽんちゃくしょく にがびゃくどうず

所在

東京国立博物館勧告

指定日

明治40年5月27日

画像提供

東京国立博物館 image:TNN image Archves Source:http://TnmArchives.jp/(無断転載厳禁)

概要

中国初唐期の浄土教思想家善導の経典注釈書に説かれた二河白道の比喩に由来する仏画で、この種の絵画作品のうちで現存最古の遺品です。画面下段に此岸の現世を、上段に彼岸の極楽浄土を描き、その中間に水河と火河および白道を配しています。

参考資料

『長岡京市史』建築・美術編

お問い合せ

長岡京市教育部文化財保存活用課(図書館内)文化財保存活用担当

電話: 075-954-3557

ファクス: 075-954-8500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム