ページの先頭です

8月1日 若葉カップ準優勝!市バドミントンスポーツ少年団

[2018年10月2日]

ID:6081

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

準優勝!最高成績を出した男子。ベスト16入りを果たした女子

好成績を収めた男子と女子

8月1日、第32回若葉カップ全国小学生バドミントン大会の決勝戦が行われ、全国から集まった男女各48チームの中、市バドミントンスポーツ少年団が大健闘。男子は見事準優勝に輝き、女子はベスト16入りという好成績を収めました。

決勝トーナメントの様子(女子)

レシーブをする女子選手

時にしなやかに、時に力強く!
緩急のあるプレーでラリーを制していました。

スマッシュをする選手

どちらも譲らぬ決勝戦(男子)

圧倒的な強さで勝ち進んできた両チーム。決勝戦では、シングル、ダブルスともに1点取られては取り返す、どちらも譲らぬ熱い戦いが繰り広げられました。

 

シングル戦の様子

接戦を繰り広げる様子

緊張感漂う、1対1の真剣勝負。

ジャンプしてスマッシュをする選手

強烈なスマッシュの打ち合いが続きました。

スマッシュを打つ選手

ダブルス戦の様子

ダブルスで接戦を繰り広げる

声を掛け合い、お互いをカバーしつつ、着実に点を取るチームプレーを見せてくれました。

素早くレシーブする市の選手
ダブルスの選手

激闘の末に

激励する市長

結果はセット数1対3で惜しくも優勝を逃しました。
激戦を終えた選手たちには熱い涙が。


試合の行く末を見守っていた中小路市長は「すばらしい戦いでした。悔しさをバネに、これからも頑張りましょう!」と、ねぎらいと激励の言葉を投げかけ、選手たちと固い握手を交わしました。

準優勝した市スポーツ少年クラブ

準優勝という、これまでにない素晴らしい結果を出した選手たち。
メダルがキラリと光ります。

本当におめでとう!!

(8月1日、西山公園体育館で)