ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

【厳しい寒さが予想されます】水道管の凍結にご注意ください

  • ID:13896

水道管の凍結にご注意ください!

 冬場は水道管が凍結し、水が出なくなったり、水道管が破裂するなどの事故が発生しやすくなります。特に冷え込みが厳しいときは、屋外や日陰などにある水道管の凍結にご注意ください。

凍結の目安となる気温
・マイナス4℃以下になると水道管の凍結や蛇口の破裂が多く発生しますので、天気予報で低温注意報が発表されたときにはご注意ください。
 
凍結しやすい場所

・家の外にあり、露出(むき出し)している水道管や蛇口・給湯器・その元栓

・北側にあり、陽当たりの悪い場所にある水道管

・風当りの強い場所にある水道管




凍結を防ぐには

水道管の凍結を防止する方法

1.保温材の取付け
屋外のむきだしになっている配管や散水栓には保温材(簡単な方法としてタオルや毛布とビニール袋等の活用)の取付けが効果的です。ただし、古くなり表面のテープ等が損傷すると効果が薄れることから、取替えをおすすめします。さらに、凍結防止には凍結防止ヒーターの取付けがより効果があります。
保温材の取付けは、 市内の指定給水装置工事事業者(別ウインドウで開く)(有料)でも行っていますので、お知り合い、 またはお近くの工事店にご相談ください。

2.少量の水を出しておく・水を抜く。
蛇口や水道管が凍らないために、就寝前に鉛筆の芯の太さくらいの水を出しておく。


詳しくは水道水に関するQ&A「冬場の水道管凍結について」をご覧ください。


もし、凍結して水がでないときは

 蛇口や水道管に熱湯を急にかけると、水道管が破裂することがあります。気温の上昇により自然に解けるのを待つか、凍結した部分にタオルや布をかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけ、気長に時間をかけて解かしてください。