ページの先頭です

【緊急情報】【市長メッセージ】長岡京市にも緊急事態宣言(1月13日午後8時現在)

[2021年1月14日 16時16分]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【市長メッセージ】長岡京市にも緊急事態宣言(1月13日午後8時現在)

本日、京都府に、特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されました。本市を含む府内全域が対象で、期間は2月7日までとなります。

国が示す基本的対処方針と京都府が要請する緊急事態措置の内容からは、不要不急の外出自粛を軸に、接触機会の低減が強く求められています。これらを受け、本市の対応について対策本部会議で協議を行った結果、次の内容で決定しましたので皆さまにお伝えします。


①飲食店の営業時間について、午後8時までの時間短縮を要請。酒類の提供は午後7時まで。(要請に協力した店舗へは、国・府と連携して協力金を支給します)

②公共施設の夜間区分(時間貸しの場合は午後6時以降)の使用を制限。(コロナに伴うキャンセルについては、返金措置を継続します)

③竹寿苑、きりしま苑、老人憩の家、あったかふれあいセンターの一般利用の制限(重症化リスクの高い高齢者の安全を優先します)。

④市主催イベント等の一部中止や延期(詳しくはホームページをご覧ください)。

⑤市役所職員の分散勤務やリモートワークの推進。(市役所窓口も一部縮小します。電話やメールでの相談や郵送での手続きをできるだけ活用してください)。


京都府のモニタリング指標では、ほとんどの項目が国の分科会提言におけるステージ3に達しており、中でも療養者数、PCR陽性率そして新規感染者数は、最も深刻なステージ4を上回っています。

また、本市の感染状況も、1月だけで既に35例(13日現在)の新規感染例が確認されており、予断を許さない状況が続いています。

このままの状態が続けば、宣言期間の延長も考えられます。

まさに今が正念場です。私たち一人ひとりの感染防止への強い意識と、徹底した行動が求められています。

繰り返しのお願いとなりますが、今一度、皆さまのご協力をお願いします。



令和3年1月13日    

長岡京市長 中小路健吾



・京都府の緊急事態措置についてはこちら(別ウインドウで開く)

・公共施設等の一部閉鎖、利用制限についてはこちら

・施設利用料のキャンセルについてはこちら

・市主催イベント等の一部中止や延期についてはこちら

・市役所窓口の一部縮小についてはこちら(ページが完成され次第リンクを設定します)