ここからはメニューボタンです。

TOPページ
観光モデルコース
観光スポット
暮らし・施設
交通・アクセス

メニューボタンここまでです。

トップ > 観光スポット > 観る(歴史・文化) > 長岡天満宮(八条が池)
エリアから選ぶ
エリアから選ぶ 北エリア 中央エリア 西エリア 東エリア
*
がらしゃ祭り
イベント情報
お役立ち情報
*

長岡天満宮(八条が池)
ナガオカテンマングウ(ハチジョウガイケ)

長岡天満宮(八条が池)の写真

■ バリアフリーデータbarrier free data

盲導犬・介助犬等 同伴可能
トイレ 障がい者対応トイレあり
駐車場 第1駐車場:最初の40分無料以降30分毎に100円
第2駐車場:30分100円1日最大600円
・ご祈祷される方は2時間無料
・シーズンにより特別料金有り
施設経路 境内砂利道あり
コミュニケーション支援 FAX対応(問い合わせ時)可能
メール対応(問い合わせ時)可能
筆談対応 可能

■ 基本データbasic information

所在地 長岡京市天神2丁目15-13
電話番号 075-951-1025
FAX番号 075-951-2859
社務所
受付時間
9:00~18:00(4月~9月)
9:00~17:00(10月~3月)
休業日 参拝はいつでも可能
入場料 無料

■ バリアフリーアイコンbarrier free icon

一般駐車場あり 障がい者用駐車場なし 補助犬同伴可 点字ブロックまたは点字案内なし 障がい者用トイレあり オストメイト対応トイレなし 大人用おむつ換えベッドなし 子ども用おむつ換えベッドなし 貸出用車いすなし 貸出用ベビーカーなし AEDなし
→ピクトグラムの説明
施設内や経路のバリアフリー情報
施設の情報
本殿は昭和16年に京都平安神宮の社殿を拝領移築したもので、三間社流れ造り、素木の本殿で端正で丈が高く美しい姿をしています。 境内東に広がる八条が池には、市の花であるキリシマツツジの他、桜、カキツバタといった四季折々の花が咲き、散策が楽しめる市民の憩いの場となっています。
※写真をクリックすると大きく表示されます。
 
正面大鳥居の写真
正面大鳥居
長岡天満宮の入り口正面にそびえる一の鳥居は石で出来た大鳥居です。総高9.75m、笠木 12m、総重量50トンにもなります

鳥居をくぐり左右の八条ケ池を結ぶ水路をまたぐ石畳を行けば社殿へと進めます。途中に太鼓橋のアーチの傾斜があります。車いすの方は付き添いが必要かと思います。
   
   
*
長岡天満宮 本殿の写真
長岡天満宮 本殿
菅原道真をお祀りする社殿です。
平成10年秋竣工された既存の拝殿を増改築した正面朱塗りの拝殿が美しいです。
   
   
*
の写真
第1駐車場
第1駐車場は舗装された広い駐車場です。身障者用駐車場はありません。本殿参拝時はこの駐車場が最寄りです。
奥へ進むと社殿へ通じています。駐車場を奥へ抜けて下へ進むと茶店まで車で行くことができます。 
・最初の40分は無料以降30分ごとに100円
・御祈祷お受けの方は2時間まで無料
※シーズンにより特別料金有り
  第1駐車場の写真
   
*
長岡天満宮第2駐車場の写真
長岡天満宮第2駐車場
第2駐車場は八条ヶ池、石碑の庭、お手洗い(障がい者用トイレ)などを利用する時に最寄りになります。
・第2駐車場:30分ごとに100円(一日最大600円)
・御祈祷お受けの方は2時間まで無料
※シーズンにより特別料金有り
   
   
*
長岡天満宮のキリシマツツジの写真
長岡天満宮のキリシマツツジ
市の天然記念物キリシマツツジの様子です。
正面一の鳥居から渡る中堤は、樹高が約2.5mもある密集したキリシマツツジで真っ赤っ赤に埋めつくされます。
   
   
*
長岡京 桜まつりの写真
長岡京 桜まつり
桜の開花期間に毎年「長岡京 桜まつり」が開催されます。
長岡天満宮では八条ヶ池東堤沿いソメイヨシノが一斉に咲き桜並木の下をのんびりと散策することができます。
夜間にはライトアップが行われ、水面に映る桜が人々の心を魅了します。
   
   
*
八条ヶ池の写真
八条ヶ池
長岡天満宮境内の東に八条ケ池があります。この八条ケ池は、寛永15年(1638)に当時の領主・八条宮が造るように命じた、灌漑用の溜め池です。外周は約1kmあります。
   
   
*
錦景苑の写真
錦景苑
下の茶店のところから社殿へ上がる間には、紅葉を愛でるための庭園「錦景苑」があります。
錦景苑には滝があったり周りに100本ほどのモミジが植えられていて、毎年11月下旬にはライトアップが行われ幻想的な景色が観れます。
錦景苑へ行くには、階段になっています。敷地内は砂利道です。
   
   
*
錦景苑の東屋の写真
錦景苑の東屋
錦景苑の東屋(屋根のある休憩所)です。ベンチに腰を下ろし滝や紅葉を眺めることが出来ます。錦景苑への経路は階段になります。敷地は主に砂利です。
   
   
*
社務所の写真
社務所
境内の本殿と社務所の間の石畳の通路は、車いすでの移動はしやすいです。砂利道で自走困難な方は少し介助が必要かもしれません。
   
   
*
境内末社の写真
境内末社
境内には6社の末社があり天神の森のなかに静かに祀られ静寂な雰囲気をかもし出しています。
   
   
*
手水舎の写真
手水舎
手水舎も砂利と石畳はありますが、大きな段差はないので、車いすが寄せられるようになっています。
   
   
*
牛の像の写真
牛の像
天満宮には菅原道真公と縁深い牛の像が奉納されているのであります。
   
   
*
ジャンボ碁盤の写真
ジャンボ碁盤(11月のみ有ります)
11月には、おおきなジャンボ碁盤が境内に登場します。
碁盤の上に男児を立たせ吉方を向いて袴をはかせたりした昔の風習に因んで製作されたそうで、自由に使えます。
   
   
*
拝殿内部の写真
拝殿内部
車いすに乗ったまま参拝ができ、又ご祈祷も拝殿の中まで車いすのまま入って行けます。その他、盲導犬、聴導犬、介護犬を伴っての御参拝、ご祈祷も可能です。
   
   
*
バリアの情報
※写真をクリックすると大きく表示されます。
 
長岡天満宮前 バス停の写真
長岡天満宮前 バス停
長岡天満宮前に阪急バスとはっぴぃバスのバス停があります。
ノンステップバスなど車いす対応のバスで来ることができます。
(写真はサントリービール工場の循環シャトルバス)
   
   
*
正面入口階段の写真
正面入口階段
正面入口の大鳥居へは階段になっています。車いすは段差のない場所まで進んでぐるっと回って大鳥居へ上がります。
   
   
*
八条ヶ池の散策道の写真
八条ヶ池の散策道
バス停の道路側から上がった、池岸を散策する遊歩道です。
外周は約1kmありますが、段差なく平坦で途中未舗装部分もありますが、車いすでの散策は快適です。
   
   
*
錦水亭側を通る経路の写真
錦水亭側を通る経路
道路側から池岸の遊歩道を通り正面大鳥居へ行く道と、錦水亭を通る砂利道の方へ進んでも境内へ行けます。砂利なので車いすの方は付き添いがいるかと思います。 
   
   
*
境内の道の写真
境内の道
錦水亭側の砂利を抜けた境内の道は砂利と石畳とところどころ段差があります。
   
   
*
太鼓橋の写真
太鼓橋
八条ヶ池を二分する形で大鳥居からまっすぐに伸びる参道 (中堤) の真ん中に石の太鼓橋があります。勾配があり少し介助が必要かもしれません。
   
   
*
境内の写真
境内
正面八条ヶ池を渡った境内の広い所です。茶店とトイレがあります。本殿へ続く階段や経路に面しています。砂利道ですので、自走が困難な方は、介助者が必要かと思います。 
   
   
*
障がい者用トイレの写真
障がい者用トイレ
茶店のある境内の端に障がい者用トイレがあります。
トイレの右側の道を上がれば、車いすでも第1駐車場や社殿へと進めます。
   
   
*
障がい者用トイレスロープの写真
障がい者用トイレスロープ
障がい者用トイレのスロープ幅の様子です。手すりも付いています。
   
   
*
障がい者用トイレ入口(男女共用)の写真
障がい者用トイレ入口(男女共用)
障がい者用トイレ入口の様子です。入口のとびらは引き戸で間口も広く利用しやすいです。
   
   
*
障がい者用トイレの写真
障がい者用トイレ
障がい者用トイレの中の様子です。広くて車いすでの利用はしやすいです。
   
   
*
一般トイレの写真
一般トイレ
一般トイレ(和式)の様子です。 
   
   
*
社殿への経路の写真
社殿への経路
トイレの横の道を上へ上がり、社殿側へ抜ける脇道の様子です。
傾斜がきついので、車いすでの自走は困難で、介助者がいても相当力がいるので、脇道へ抜けず真っ直ぐ第1駐車場入口の方へ直進したほうが無難です。
   
   
*
第1駐車場入口の写真
第1駐車場入口
トイレの横の道を真っ直ぐ上がってきたら、第1駐車場入口になります。駐車場ゲートへの傾斜がありますので、車いすの方は介助者が必要かと思います。
   
   
*
第1駐車場の写真
第1駐車場
第1駐車場の様子です。身障者専用駐車場はありません。奥へ進むと社殿へ通じています。駐車場を奥へ抜けて下へ進むと茶店まで車で行くことができます。 
   
   
*
駐車場奥から社殿への写真
駐車場奥から社殿へ
第1駐車場奥の社殿との境界部分です。真っ直ぐ進むと本殿へ、左に折れるとトイレや茶店に下りて行きます。
   
   
*
社殿へと進む階段の写真
社殿へと進む階段
茶店のある場所から社殿への正面の経路は階段になっています。車いすの方はトイレ横の道を上がります。
   
   
*
参道の写真
参道
境内参道は石畳の通路になっていて、車いすでの移動はしやすいです。
   
   
*
社殿のスロープの写真
社殿のスロープ
社殿の階段横のスロープです。車いすでも賽銭箱の前まで行くことができます。 
   
   
*
絵馬殿(休憩所)の写真
絵馬殿(休憩所)
絵馬殿(休憩所)の入口に段差があり、そのために入口左横にスロープが設けています。
   
   
*
第1駐車場から第2駐車場への写真
第1駐車場から第2駐車場へ
第1駐車場出入口の前から池の横の道を下りていくと、第2駐車場方面へ回ることができます。坂の傾斜があるので注意してください。
   
   
*
境内への入口の写真
境内への入口
第2駐車場側の境内の入口です。車止めコーンが立ててあります。車いすの方や歩行困難な方で茶店をご利用の際は、ここから車で侵入し、店の前に停めさせてもらえるかご相談ください。
   
   
*
このページに関するお問い合わせ先
長岡京市障がい福祉課
電話:075-955-9549 ファクス:075-952-0001
写真
*

↑TOP