○長岡京市自動車臨時運行許可規則

昭和47年12月28日

規則第30号

第1条 本市における自動車の臨時運行許可については、法令その他に別に定めがあるもののほか、この規則の定めるところによる。

第2条 自動車の臨時運行の許可を申請するときは、自動車臨時運行許可申請書(第1号様式)を市長に提出し、かつ、自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)に定める自動車損害賠償責任保険証明書を呈示しなければならない。

2 市長は、申請者の住所及び氏名を確認するため必要があると認めるときは、次の各号に掲げるものを呈示又は提出させることができる。

(1) 身分証明書

(2) 運転免許証

(3) 住民票

(4) 印鑑証明書

(5) その他本人であることを証することのできるもの。

第3条 市長は、前条の申請書を受理したときは、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第35条第4項の規定により、有効期間を定めて臨時運行許可証(以下「許可証」という。)を交付し、臨時運行許可番号標(以下「番号標」という。)を貸与する。

2 臨時運行の許可の有効期間は、5日をこえてはならない。ただし、長期間を要する回送の場合その他特にやむを得ない場合は、この限りでない。

第4条 臨時運行の許可を受けた者は、有効期間が満了したときは、その日から5日以内に許可証及び番号標を市長に返納しなければならない。

第5条 番号標の貸与を受けた者がその番号標を著しくき損し、又は亡失したときは、臨時運行許可番号標(証)亡失(き損)(第2号様式)を市長に提出し、その実費を弁償しなければならない。なお、亡失の場合については、亡失した地域を管轄する警察署発行の亡失届出証明証をあわせて添付しなければならない。

2 前項に規定する実費弁償額は、1組又は1枚につき600円とする。

3 市長は、第1項の亡失届があつたときは、直ちに番号標が失効した旨を公告するものとする。

第6条 許可証の交付を受けた者がその許可証を亡失したときは、第2号様式による亡失届を市長に提出し、あわせて亡失した地域を管轄する警察署発行の亡失届出証明書を添付しなければならない。

第7条 虚偽その他不正手段により、臨時運行の許可を受け、又は番号標若しくは許可証を不正に使用したときは、直ちに許可を取り消すものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和47年10月1日から適用する。

附 則(昭和58年12月27日規則第34号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年12月1日から適用する。

附 則(平成24年6月26日規則第23号)

この規則は、出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律(平成21年法律第79号)の施行の日(平成24年7月9日)から施行する。

画像

画像

長岡京市自動車臨時運行許可規則

昭和47年12月28日 規則第30号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第4節
沿革情報
昭和47年12月28日 規則第30号
昭和58年12月27日 規則第34号
平成24年6月26日 規則第23号