ページの先頭です

平成28年度予算 公共下水道事業特別会計

[2017年5月2日]

ID:5790

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年度の公共下水道事業特別会計の予算額は、30億8,579万円となり、前年度と比べて約5,750万円(1.8%)の減額となりました。

歳出では、建設費などの借入金返済(公債費)が特に大きく、全体の約64%を占めています。現在、元利償還のピークを迎えており、数年後からゆるやかに減少する見込みです。本市の下水道事業は、建設中心の経営から老朽化対策などの維持管理経営へと転換し、汚水事業・雨水事業とも長寿命化計画を策定して計画的に改築更新しています。

また、今後の維持管理経営をより安定化させるため、企業会計方式の導入準備に着手しており、平成29年4月1日から導入を予定しています。

災害に強いまちづくり

汚水事業では、平成25年度に策定した長寿命化計画に基づく改築更新を進めると共に、新たな計画策定(平成31年度から平成35年度)のための施設調査を行います。また、災害時に避難所となる中央公民館へ災害用マンホールトイレを設置します。

雨水事業では、京都府の事業である「いろは呑龍トンネル南幹線」に関する国道171号線近隣地域の計画策定と、犬川排水区の流量保持に関連する調査を行います。

予算の内訳

歳入
区分予算額

下水道使用料

13億910万円

国庫・府支出金

4,755万円

一般会計繰入金

8億8,500万円

市債

8億3,700万円

その他

714万円

30億8,579万円

歳出
区分予算額

一般管理費ほか

9億2,075万円

汚水築造費

8,761万円

雨水築造費

1億1,412万円

公債費

19億6,331万円

30億8,579万円
平成28年度予算のグラフ

予算の推移

平成24年度から28年度の予算の推移

組織内ジャンル

上下水道部総務課下水道係

お問い合せ

長岡京市上下水道部総務課下水道係

電話: 075-955-9714

ファクス: 075-951-2200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム