ページの先頭です

空き家セミナー&個別相談会を実施しました

[2019年12月25日]

ID:9402

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

不動産協会からのアドバイスがありました。

(公社)全日本不動産協会京都府本部との共催で、12月1日に、専門家による空き家セミナー&個別相談会を行いました。

迷惑をかけないためには、空気の入れ替えや雑草の除去

講演の中で、たとえ空き家を倉庫として使っていたり、月に1回程度見に行っていても、周りに迷惑をかけていたら、行政の指導対象になる可能性があることを説明されました。
また、周りに迷惑をかけないためには、空気の入れ替えや雑草を除去するなどの手入れが重要です。
業者に依頼する場合、どれくらい作業するかによって価格が変わってくるので、業者に問い合わせてみましょう。

講演:NPO法人空き家コンシェルジュ 代表理事 有江正太氏

参加者からも質問がありました

参加者からは、「母が亡くなった場合、相続はどうすればいいか」という質問がありました。質問に対し、弁護士などの専門家が、「相続は遺産分割協議や法定相続、遺言で決めることになる。遺言は認知症になる前にしなければならない。
重要な話ではあるが優先度が低くなっているようなので、一度優先度を上げて、家族と話し合っていただきたい」と回答されました。
参加者からは、「空き家の今後を考えるヒントになった」「処分を検討する」などの感想が聞かれました。

専門家への質問コーナー

市が紹介する業者に、相談できます

長岡京市では、専門家団体と協定を結び「空き家行政プラットフォーム」という相談窓口を開設しています。

相続や空き家の管理、売却など、相談したいことがある場合は、下記までお問い合わせください。

相談内容に合った専門家を紹介します。

お問い合わせ先:075-955-9743(都市計画課 空き家政策担当)

詳しくはコチラ(別ウインドウで開く)

空き家売却時の税金を、減らせる制度があります

相続した空き家または解体後の更地を、相続から3年以内に売却した場合、譲渡所得が最大3000万円控除される制度があります。

諸条件がございますので、詳しくはお問い合わせください。

制度の説明や申請に必要な書類はコチラ(別ウインドウで開く)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市建設交通部都市計画課空き家政策担当

電話: 075-955-9743

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


空き家セミナー&個別相談会を実施しましたへの別ルート