ページの先頭です

『バードカービングクラブ メジロ』

[2021年5月19日]

ID:10943

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度 第4回

タイトル

今回はバンビオで活動しているサークル『バードカービングクラブ メジロ』です。代表で講師の野部 一夫さんやサークルメンバーの作品をご紹介します。

バードカービングとは野鳥彫刻のことで、一つの木片から鳥を掘り出して彩色します。

『バードカービングクラブ メジロ』は平成23年度の『わくわく講座』から立ち上がったサークルです。 月に2回程度ナイフや彫刻刀を使用して木を削ることの好きなメンバーが集まって活動しています。バンビオ展示ウィークに定期的に作品を出品しており、今回紹介する作品も第17回(令和3年1月)バンビオ展示ウィークの出品作品です。

『バードカービングクラブ メジロ』 の活動に関心のある方は こちら (別ウインドウで開く)

ギャラリー

講師の作品

こちらが「バードカービングクラブ メジロ」代表で講師の野部 一夫さんの作品「ツグミ」です。
作品は完成までに以下のいくつもの工程を経て制作しました。

制作工程
1. 作りたい鳥の立案 2.資料集め 3.完成時のイメージスケッチ 4.制作図面の作成 5.制作用の木材の決定 6.ナイフ、彫刻刀、電動工具等を使って粗彫り 仕上げ彫り 7.羽根部を電動工具の先端ビットを使って細かく表現 8.羽根の羽弁をバーニングペンで1本1本入れていく 9.彩色 10.落ち葉とドングリを台に彫って鳥をセット

(講師コメント)
作業工程を簡単に説明しましたが、すべては説明しきれません。彫りが終わったらホッとして彩色が手抜きになる傾向がありますが、バードカービングは彫りと彩色で野鳥の生きた姿が表現されます。私の場合はどの色も8回以上塗り重ねて羽根の質感を出すようにしています。さまざまな作業の必要なバードカービングはそれだけ奥深い趣味と言えます。

サークルメンバーの作品1

サークルメンバーの作品です。

作品は左から「コゲラ」「フクロウ」(手前)「カワセミ」「アカゲラ」「セグロセキレイ」です。

サークルメンバーの作品2

サークルメンバーの作品です。

作品は左から「ツミ」「アオジ」「カワセミ」です。

サークルメンバーの作品3

サークルメンバーの作品です。

作品は左から「ツグミ」「コゲラ」「カワセミ」です。

サークルメンバーの作品4

今年の干支「丑」です。サークルメンバーのみなさんの作品です。「バードカービングクラブ メジロ」では毎年年末に翌年の干支を制作しています。