ページの先頭です

本文編一

[2013年7月23日]

ID:1180

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

編集

中山修一 高橋美久二 日下雅義 井上満郎 都出比呂志 高橋昌明

体裁

A5判 約900ページ

頒価

6,000円(送料別)

内容

生活の基盤となる自然環境、そして人類が登場する原始から天正10年の山崎の合戦までを9章構成で展開。
長法寺南原古墳・長岡京・勝龍寺城など、最新の研究を盛り込んで叙述。

本の写真

長岡京市史本文編一 目次

凡例

序章 乙訓と長岡

地域の歴史再発見/長岡京市の位置と自然環境/原始社会から古墳の時代へ/長岡京前夜の乙訓地域/長岡京の時代/寺院と荘園の展開/西岡の人々と新しい地域の形成/戦国の争乱と中世の終焉

第一章 自然環境

第一節 生活の基盤
第二節 気候と生物環境
第三節 自然環境の変遷と人間の営為

第二章 採集社会から農耕社会へ

第一節 人類の足あと
第二節 採集社会の発展
第三節 農耕の開始

第三章 古代国家の成立

第一節 古墳の時代
第二節 豪族と古代寺院
第三節 律令国家の成立

第四章 長岡京時代

第一節 長岡京の発見
第二節 長岡京と古代宮都
第三節 長岡京時代の生活と文化
第四節 木簡からみた長岡京
第五節 長岡京時代の政治と経済

第五章 長岡京廃都と平安京

第一節 長岡京の廃都
第二節 平安時代の乙訓
第三節 平安時代の宗教と文学

第六章 長岡の中世

第一節 中世の寺々を訪ねて
第二節 荘園と所領
第三節 下毛野(調子)氏の展開
第四節 南北朝内乱と西岡

第七章 激動する地域社会

第一節 中世の調子氏
第二節 一揆の時代
第三節 応仁・文明の乱と小塩荘

第八章 西岡の戦国

第一節 細川・三好政権と西岡
第二節 戦国期の小塩荘

第九章 天下一統へ

第一節 中世西岡の終焉と細川藤孝
第二節 勝龍寺城と山崎の合戦

巻末資料

年表/参考文献/写真・図・表一覧/索引

お問い合せ

長岡京市教育部文化財保存活用課(図書館内)文化財保存活用担当

電話: 075-954-3557

ファクス: 075-954-8500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム