ページの先頭です

JR長岡京駅の地下道

[2013年2月19日]

ID:2122

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

JR長岡京駅の東口と西口をつなぐ地下道内の北側壁面は、竹の模様のタイルで飾られています。昭和63年の京都国体当時に、長岡京市のイメージアップを考えて、竹林の雰囲気を出したそうです。自転車も通ることができる地下道で、南側壁面は「市民ギャラリー」として、書道や絵画などの掲示ができるようになっています。

竹の模様で飾られた地下道の写真

竹の模様で飾られた地下道
(写真撮影 平成20年4月15日)