ページの先頭です

懲戒処分の公表

[2017年6月8日]

ID:6839

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長岡京市職員が器物損壊により逮捕された事件について、本日付で下記のとおり処分を行いましたのでお知らせします。

処分対象事案の概要

建設交通部住宅営繕課主事が、平成29年4月19日に京都府宇治田原町郷之口畷之浦付近を自転車で走行中、同付近を走行していた普通自動車の運転手と自動車の運転の仕方について口論となった際に、相手自動車のドアを足蹴し損壊させる行為を行ったことから、同日、器物損壊容疑で現行犯逮捕されたものである。なお、同年5月9日に書類送検されたが、相手方と示談が成立し、被害届等が取り下げとなっていたことから、同年5月30日付で不起訴処分が確定となった。

処分等の内容

●戒告(信用失墜行為、非行に対する責任)

 建設交通部住宅営繕課主事(男性) 43歳

●市全体の人事管理を行う立場にある対話推進部長及び対話推進部職員課長に対しては口頭注意とした。

処分理由

建設交通部住宅営繕課主事(本人)の処分については、市政に対する市民の信頼を損ね、公務に対する社会的信用を失墜させた行為に対して責任を問うものである。