ページの先頭です

漏水したとき

[2014年3月7日]

ID:125

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

漏水は、大切な水を無駄にするばかりでなく、ご家庭での水道料金負担も大きくなります。
わずかな漏水でも、そのままにしておかないで、すぐに修理するようにしましょう。

こんなときは漏水が考えられます

  • 水洗便所などの便器の中をいつも水が流れている。
  • 水を特にたくさん使用していないのに、検針時の使用水量が増えている。
  • 水まわりで「シュー」という水の流れているような音が聞こえる。
  • 水道管の埋まっている付近や水道メータボックスの周りがいつも濡れている。

簡単な漏水の点検方法

  1. 家中のじゃ口を、全部しめてください。
  2. 水道メータのパイロットマークが止まっているか確認してください。
  3. もし、少しでも回っていたらどこかで漏水しています。
  4. ガス湯沸器、太陽・電気温水器などの器具類からの漏水は、販売店、器具メーカーに連絡してください。
上:デジタル数字 下:パイロットマーク

水道管が破裂したり、すごい勢いで漏水しているときは

  1. 布切れなどを巻き、水が飛び散らないよう押さえます。
  2. 止水栓(メータボックス内にある元栓)を右(時計回り)に回して水を止めます。
  3. 修理の申込みをしてください。

漏水修理の連絡先

組織内ジャンル

上下水道部水道施設課給水係

お問い合せ

長岡京市上下水道部水道施設課給水係

電話: 075-955-9728

ファクス: 075-951-2200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム