ページの先頭です
メニューの終端です。

神社 仏閣 名跡の紹介

[2013年3月13日]

長岡京市には、多くの神社や寺があり、四季折々の風景とともに、身近に歴史を感じることができます。

まず、長岡京市の顔ともいえる長岡天満宮。菅原道真が太宰府に左遷されるとき、名残を惜しんだ地として知られています。八条ヶ池中堤に咲くキリシマツツジをはじめ、桜、梅、もみじなどが四季を彩り、訪れる人々を幻想的な世界へと導きます。

その西には、日本の孟宗竹発祥の地として知られる寂照院、弓講が行われる走田神社、「朧泉(おぼろのいずみ)」のある長法寺が点在。さらに北に進めば、光明寺に到着します。

光明寺は、西山浄土宗総本山で、重要文化財指定の彫刻や絵画を数多く所蔵しています。秋には、もみじが真っ赤に西山を染め、見事な景観を映し出します。

光明寺の東には、乙訓地域で現存する最古の寺院である乙訓寺があります。ボタンの名所として有名で、4月下旬から5月上旬ごろには、大輪のボタンが一斉に美しく咲き誇ります。また、乙訓寺は空海ゆかりの地であり、早良親王が幽閉されたことでも知られています。

市の西域の山間部には、別名「柳谷観音」と呼ばれる楊谷寺があります。境内には、空海の法力とされる眼病平癒の霊水「独鈷水(おこうずい)」があります。春や秋には、たくさんのハイカーが訪れますが、色とりどりのあじさいの花が咲く6月ごろには、特に多くの人でにぎわいます。

勝龍寺は空海が開いたといわれ、かつては寺号を恵解山青龍寺といいました。勝龍寺の名前の由来は、962年の大干ばつのときに、千観上人の祈祷によって雨が降ったことから、龍神に勝ったとして「勝龍寺」と名付けられたといわれています。境内には「ぼけ封じ観音」があります。

神社仏閣紹介

長岡天満宮の写真

長岡天満宮

光明寺の写真

光明寺

長法寺の写真

長法寺

乙訓寺の写真

乙訓寺

走田神社の写真

走田神社

寂照院の写真

寂照院

楊谷寺の写真

柳谷観音 楊谷寺

勝龍寺の写真

勝龍寺

関連

長岡京市観光協会(別ウインドウで開く)
長岡京市の観光名所などを解説しています。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市環境経済部商工観光課観光戦略・地域経済推進担当

電話: 075-955-9515 ファクス: 075-951-5410

お問い合せフォーム