ページの先頭です

「アダルトビデオ出演強要」・「JKビジネス」等被害防止のために

[2022年3月24日]

ID:6722

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

若年層を対象とした性的な暴力

AV出演強要・JKビジネス

 アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」と呼ばれる営業により、若年層の女性が性的被害に遭う問題が発生しています。被害に遭っても家族や友人等に相談できず、被害が顕在化しにくいことがあります。

 これらの問題は重大な人権侵害であり、安全で安心な暮らしを守るため、根絶に取り組んでいます。

AV出演強要問題

 AVとはアダルトビデオの略称です。AV出演強要問題とは、アダルトビデオに出演することを隠した、モデルやアイドルの勧誘または高収入アルバイトの募集に女性が応じてしまい、仕事内容を知った後に断ろうとしたら、契約書や違約金で脅されてアダルトビデオの出演を無理強いされるものです。

 性行為を強要されて肉体的・身体的苦痛を感じたり、映像がインターネット上に流出することで二次被害に苦しんだりする等、重大な性犯罪につながる恐れがあります。

【ちょっと待って!】

・「パーツモデルになりませんか、と勧誘された」

・「身元は絶対にばれないと言われた」

・「数時間で手軽に高額なバイト代がもらえる」

・「断ったら多額の違約金を請求され、私が払えなければ親に請求すると脅された」

JKビジネス問題

 JKとは女子高校生を指します。「JKビジネス」とは、表向きはカフェや散歩をする健全な仕事を装って女子高校生等の若年層を雇用し、実は裏オプションとしてマッサージや添い寝等の性的なサービスをさせる営業です。

 児童買春や強制わいせつ、女子高校生等の個人情報が流出してストーカー事件に発展する等の被害が生じています。

【ちょっと待って!】

・「お客さんと一緒に遊ぶだけで、楽に稼げる」

・「友達や先輩に誘われて、断れなかったから」

・「写真や動画撮影のモデルと聞いて応募した」

・「SNSで仲良くなった人から紹介された」

相談窓口

内閣府には、被害に遭わないために知っていて欲しい情報や、被害に遭った場合の相談窓口があります。秘密は厳守されますので、安心して相談してください。詳しくは、下記のバナーから内閣府のホームページへ。

お問い合せ

長岡京市対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援係

電話: 075-963-5501

ファクス: 075-963-5521

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム