ページの先頭です

第2次長岡京市人権教育・啓発推進計画

[2018年12月28日]

ID:7050

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

計画策定の趣旨

  長岡京市では、2006年(平成18年)に「長岡京市人権教育・啓発推進計画」を策定し、民主的で文化的な市政の発展とあらゆる人権問題の解決を目指し、人権意識の高揚を図る取り組みを推進してきました。

 しかし、今日においてもなお、同和問題や女性に対する暴力、高齢者や子どもに対する虐待などをはじめとした人権問題が存在しています。また、ヘイトスピーチやインターネットによる差別的な書き込みなど、国際化や高度情報化、少子高齢化等の社会環境の変化に伴う新たな人権問題も顕在化しています。

 こうした状況の中、これまでの人権問題について継続的に取り組むとともに、新たな課題に対応できるよう広い視野をもって人権教育・啓発に関する取り組みを推進するため、「第2次長岡京市人権教育・啓発推進計画」を策定するものです。

計画の目標

この推進計画は、「長岡京市人権教育・啓発推進計画」の取り組みを継承・発展させ、市民一人一人が、学校や職場、家庭や地域などのあらゆる場において実施される人権教育・啓発を通じて、人権尊重の考え方を理解し、そして誰もが社会の一員として尊重され、幸せに生きることのできる、平和で人権が尊重された豊かなまちの実現を目標とします。

計画期間

2017年(平成29年)からおおむね10年とします。

なお、計画期間中は社会情勢の変化などにより必要に応じて計画の見直しを行うとともに、期間満了後においても成果を踏まえ取り組みを継続します。

人権教育・啓発推進の視点

(1)一人ひとりを大切にした共生社会の実現に向けた人権教育・啓発

(2)生涯学習としての人権教育・啓発

(3)身近な問題から考える人権教育・啓発

ダウンロード

計画の全編は下記からダウンロードしてご覧ください。

なお、印刷冊子は、市民情報コーナーで閲覧できる他、1部780円でも販売しています。

第2次長岡京市人権教育・啓発推進計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部人権推進課人権平和推進担当

電話: 075-955-3180

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


第2次長岡京市人権教育・啓発推進計画への別ルート