ページの先頭です

令和元年度第1回行財政健全化推進委員会 議事録

[2019年10月7日]

ID:9203

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日時

令和元年8月2日(金曜日)午後1時50分~3時35分

場所

長岡京市役所大会議室A

出席者

小沢会長、川勝委員、長谷委員、海野委員、小西委員、吉井委員、三宅委員、登坂委員、久原委員

欠席者

滝川委員

事務局

仁科総合政策部長、硲総合計画推進課長、嶋本総合計画推進課主幹、藤井総括主査、今北主事

議事

1.委員の委嘱について

   人事異動に伴い、海野氏を新たな委員に委嘱した。また、役員交代に伴い、小西氏を新たな委員に委嘱した。


2.第4次長岡京市行財政改革アクションプラン 平成30年度推進状況について

   事務局から大分類毎に説明を行った。意見、事務局への質問を中心として議事を進行した。

 

【大分類1】

委員)「防犯灯等のLED化」とあるが、これは記載にある中長期修繕計画を各施設で策定し実施しているのか。

 

事務局)個別の計画はアクションプランには盛り込んでいないが、各施設で効率的な修繕を行っている。

 

委員)アクションプラン中にも公共施設の改修、修繕状況を調査し、導入提案することとされている。


【大分類2】

委員)下水道料金の改定検討のうち、基準外繰入金に頼らない事業経営との記述があるが、現実的か。


事務局)次年度以降、取り組んでいくもので一気に実施という意味ではない。段階的に、維持管理の仕方やそれにかかる経費の見直しを行いながら目指していくというもの。

 

委員)補助金のあり方の再検討について、昨年度は補助の効果や必要性の精査をするとあるが、令和元年度としてはどの様なことを行おうとしているのか。


事務局)昨年度同様、各部署での取り組みを全庁で共有し、補助金の適正執行に生かしてもらうことを考えている。

 

委員)開田保育所跡地は未使用のままになっているが、どの様に使用しようとしているのか。

 

事務局)直近としては、新庁舎建築にあたっての工事現場事務所や公用車用の駐車場への利用を考えている。一旦建設の目途がつけば次の構想を具現化していく。

 

【大分類3】

委員)昨年度の提案が12件とあるが、どの程度で満足のいく取り組みになるのか。

 

事務局)応募件数が少ないことは認識している。

 

委員)応募の数というよりも、効果を図るのは難しいが、職員の意識がどのように変わったかが大事なのではないか。

 

委員)派遣制度で30年度は11件の派遣があったとのことでよいことだと思うが、市での業務を行う上で人員上問題ないか。

 

事務局)限られた職員の中で苦慮するところであるが、国、府との情報交換や職員の育成にもつながると考えている。

 

【大分類4】

委員)プラン名として「産・学・金等との連携・協力」に空き家行政のプラットフォームの取組があるが、アクションプランに格上げをしてもいいのではないか。

 

事務局)空き家対策自体は、総合計画の実施計画事業としてあげている。空き家対策の目的達成のために様々な方法がある中で、「産・学・金等との連携・協力」という連携する手法を使ったもの。

 

3.その他

事務局)年が明けた頃に第2回委員会を開催予定。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市総合政策部総合計画推進課企画総務・行革担当

電話: 075-955-9502

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム