ページの先頭です

避難時の心得10カ条

[2012年12月4日]

ID:347

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害時には恐怖と不安からパニックの発生する恐れがあるため、正しい情報を入手し、お互いに協力し合い避難するときのルールを守ってください。

  1. 情報を正確につかむ
  2. 火気の始末・戸締りを忘れずに
  3. 服装は身軽でヘルメットや防災ずきんで頭を保護
  4. 避難コースは歩きなれた道を徒歩で。車やオートバイは厳禁
  5. 避難は自治会や自主防災会で決められた避難場所へ
  6. 避難場所へ移動するとき、狭い道・塀ぎわ・川べりなどは避ける
  7. お年寄りや子どもの手はしっかり握って
  8. 溝や水たまりに備え、1m程度の杖か棒の用意を
  9. 貴重品は身につけ、携行品は必要最小限に
  10. 各自が氏名票(住所・氏名・年齢・血液型を記入したもの)を携行しましょう

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市市民協働部防災・安全推進室防災・危機管理担当

電話: 075-955-9661

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム