ページの先頭です
メニューの終端です。

長岡京市登録業者の皆さまへ

[2017年5月30日]

長岡京市では、平成16年4月に「長岡京市における法令遵守の推進に関する条例(法令遵守条例)」を施行し、「不当要求行為等への対処」と「公益通報」という2つの仕組みによって、市政の透明性の向上及び市民の信頼確保をめざし、行政における法令遵守の推進を図っております。
また、平成18年4月に公益通報者保護法が施行され、公益通報者の保護と公益通報に関し事業者、行政機関のとるべき措置等が定められました。                                                                                   市では、この公益通報者保護法の施行に伴い、市と請負契約等取引している事業者(労働者)等からも、市や市職員の法令違反行為について公益通報を受けるなど法令遵守条例の改正を行いました。
職員は、組織全体において法令を遵守し、なお一層の推進を図っていく決意であります。                                 登録業者の皆さまにおかれましても、御理解、御協力のほどよろしくお願い申し上げます。                                                                 

公益通報者保護法の施行に伴い事業者に求められること

  1. すべての事業者(法人その他の団体、事業を行う個人)は、事業者内部で労働者からの公益通報を処理する仕組み及び受付・相談窓口を整備する必要があります。
  2. 事業者の労働者が、公益通報をしたことにより解雇等の不利益取扱いは禁止されています。
  3. 公益通報の対象となる事実は、国民の生命、身体、財産その他の利益の保護にかかわる法律に規定する罪の犯罪行為と法令違反行為です。
  4. 公益通報先は、それぞれの要件によって、事業者内部、行政機関、事業者外部に対して通報することができます。

法令遵守条例の改正に伴い市と請負契約等取引している事業者(労働者)に求められること

  1. 市又は市職員の法令違反行為(法律、条例、規則その他法令違反行為)について、市と請負契約等取引している事業者(労働者)やその事業者が行う当該契約に基づく事業に従事している労働者からも公益通報やその相談ができます。
  2. 市が受けた公益通報は、学識経験者、弁護士、市民などの有識者で構成される「法令遵守委員会」で調査を行い、その結果を市長に報告し、市長は是正措置等をとります。なお、公益通報やその相談をした事業者(労働者)は不利益な取扱いを受けることはありません。

長岡京市への公益通報の方法、通報先、相談場所等

  1. 公益通報の方法は、文書、電子メール(hourei@city.nagaokakyo.lg.jp)等です。公益通報者の秘密は厳守します。
  2. 公益通報の受付、相談は専属の法令遵守マネージャーが行います。
  3. 専用電話(075)955-9562(直通)
  4. 相談場所、時間:法令遵守相談室(市役所北棟1階)、月曜日~金曜日の午前10時から午後5時(事前に電話予約してください。)

※その他「法令遵守」については、次に記載しています。

法令遵守

 

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部総合調整法務課法令遵守・法務担当

電話: 075-955-9535 ファクス: 075-951-5410

お問い合せフォーム


長岡京市登録業者の皆さまへへの別ルート