ページの先頭です

マスクを付けられない方へのご理解をお願いします

[2022年2月18日]

ID:12185

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マスクを着けたくても着けられない方がいます

発達上の障がい、感覚過敏、脳の障がい、皮膚の病気、呼吸器の病気などのさまざまな原因により、マスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまう方がいます。

その他にも、聴覚に障がいがあり、相手がマスクを着けることよって口元や表情が見えず、コミュニケーションが取りづらいなどの事情がある方もいます。

このような方々は、周囲からわがままと誤解されたり、厳しい視線を向けられたり、心ない批判を受けることもあります。

社会全体の理解が必要です

・マスクの着用が当たり前となった今、マスクを着けることができない方がいることに対するご理解をお願いします。

・障がいや症状があってマスクを着けられない方がいることを知り、その特性や事情を理解し、お互いに思いやりの心を持って過ごしましょう。

意思表示をして理解してもらうことができます

マスクがつけられない場合は「マスクが着けられません」などの意思表示のカード等を身につけて、周りの方に理解してもらうことができます。



リンク先

お問い合せ

長岡京市市民協働部防災・安全推進室防災・危機管理担当

電話: 075-955-9661

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム