ページの先頭です

行政評価の目的

[2018年2月27日]

ID:1032

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長岡京市では、実施計画に位置付けられた事務事業を一定の基準又は指標を用いて、目標又は目的の達成度についての評価を行い、その結果を行政運営の改善につなげる仕組みを行政評価としています。

行政評価を実施する主な目的は、以下の3点です。

1.総合計画の進行管理

総合計画で共有した目標を実現するため、行政評価を通して目標の達成状況・到達具合を検証し、課題や問題があれば、その原因を追究し、課題解決に向けた改善を図ります。

2.市民への説明責任の向上

行政評価を通じ、共有した「目標像」の実現のために、「何をしたのか」「どのような結果になったのか」「今後どうするのか」を市民に対し、より具体的に、わかりやすく情報提供することで、市民に対する説明責任の向上を図ります。

3.職員の意識改革

行政評価を実施していく中で、職員一人ひとりが、計画体系の中で果たすべき役割を認識し、目的意識を持つと同時に、これからの行政運営に求められる政策形成能力の向上を目指します。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市総合政策部総合計画推進課企画総務・行革担当

電話: 075-955-9502

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム