ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

[2020年8月13日]

ID:3296

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症が国内でも拡大している中、感染者、その家族や関係者、医療関係者、海外から帰国された方、外国人等に対する正確な知識に基づかない不当な差別や嫌がらせ、偏見、いじめ、SNS等による誹謗中傷や心無い書込み等が広がっています。

このような行為は、人格や尊厳を不当に侵すもので、決して許されるものではありません。

人権侵害につながることのないよう、憶測やデマ等、不確かな情報や誤った情報に惑わされず、正確な情報に基づき冷静に行動いただくようお願いいたします。

啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

相談窓口

市民の皆様に必要な情報を的確にお伝えするため、総合相談ネットワーク窓口を設置しました。

詳しくは「長岡京市新型コロナウイルス感染症対策総合相談ネットワーク窓口」のページをご覧ください。

法務省や京都府の人権擁護機関では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題について相談を受け付けています。

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

電話:0570-003-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで )

外国語人権相談ダイヤル(全国共通・6ヶ国語対応)

電話:0570-090911(平日午前9時から午後5時まで)

子どもの人権110番(全国共通)

電話:0120-007-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

京都府人権リーガルレスキュー隊(人権問題法律相談)

京都弁護士会の弁護士がアドバイスする人権問題法律相談チラシ

電話:075-741-6321

(第1・3火曜日 午後2時から午後4時まで・事前予約制で面談も実施)

ホームページについてはこちらをご覧ください。(別ウインドウで開く)

STOP!コロナ差別-差別をなくし正しい理解を-キャンペーン

公益財団法人人権教育啓発推進センターが、コロナ差別を止めるよう呼びかけるメッセージ動画を募集しています。

感染者への誹謗中傷をやめるような呼びかけや、医療従事者へ応援やエールを届けるメッセージを作りませんか。

送った動画は、人権教育啓発推進センターのYouTube「人権チャンネル」で紹介されます。

YoutubeやInstagramのアカウントをお持ちの場合は、動画をアップロードしてURLを送れば、リンクが掲載されます。

詳しくは、以下の資料をご覧ください。

STOP!コロナ差別ー差別をなくし正しい理解をーキャンペーンの詳細

お問い合せ

長岡京市対話推進部人権推進課人権平和推進担当

電話: 075-955-3180

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム