ページの先頭です

個人市民税のかかる人・かからない人

[2012年12月4日]

ID:326

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

個人市民税のかかる人

  1. その年の1月1日現在、市内に住所がある人(所得割と均等割の納税義務があります)
  2. その年の1月1日現在、市内に住所はないが、事業所、事務所または家屋敷のある人(均等割の納税義務があります)

個人市民税のかからない人

1.均等割も所得割もかからない人

  • 生活保護法によって生活扶助を受けている人
  • 障害者、未成年者、寡婦または寡夫の人で、前年中の所得金額が125万円以下(給与所得者の場合、年収204万4千円未満)であった人

2.均等割がかからない人

前年中の合計所得金額が、35万円に本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数を乗じて得た金額以下の人(控除対象配偶者または扶養親族を有する場合は、21万円を加えた金額)

  • 控除対象配偶者及び扶養親族を有しない人…35万円
  • 控除対象配偶者及び扶養親族を有する人…35万円×n+21万円
    (注)nは、本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数です

例 夫婦と子供2人(夫:合計所得金額160万円、妻子:所得なし)の4人家族の場合
350,000円×(本人+3人)+210,000円=1,610,000円
合計所得金額1,600,000円<非課税基準の金額1,610,000円

3.所得割がかからない人

前年中の総所得金額等が、35万円に本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数を乗じて得た金額以下の人(控除対象配偶者または扶養親族を有する場合は、32万円を加えた金額)

  • 控除対象配偶者及び扶養親族を有しない人…35万円
  • 控除対象配偶者及び扶養親族を有する人…35万円×n+32万円
    (注)nは、本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数です

例 夫婦と子供2人(夫:総所得金額等160万円、妻子:所得なし)の4人家族の場合
350,000円×(本人+3人)+320,000円=1,720,000円
総所得金額等1,600,000円<非課税基準の金額1,720,000円

合計所得金額とは

次の1から6までの金額の合計です。(前年以前の損失の繰越控除は適用しないで計算します)

  1. 総所得金額(損益通算できるものは損益通算後の金額)
  2. 分離課税の土地建物等の譲渡所得の金額(特別控除前)
  3. 分離課税の株式等に係る譲渡所得等の金額
  4. 分離課税の先物取引に係る雑所得等の金額
  5. 分離課税の上場株式等に係る配当所得の金額
  6. 山林所得の金額

総所得金額等とは

上記の合計所得金額に、前年以前の損失の繰越控除を適用して計算した金額です。

組織内ジャンル

市民協働部税務課市民税係

お問い合せ

長岡京市市民協働部税務課市民税係

電話: 075-955-9507

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム