ページの先頭です

第28回 名月の宴を開催しました

[2019年11月20日]

ID:2336

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

勝竜寺城公園にて特設舞台を設置し、琴や尺八、日舞、吟詠などの古典芸能を中心とした芸能発表を行いました。

美しい満月の下、秋の夜の風情を楽しんでいただきました。

今年は竹灯籠も勝竜寺城公園の内外を彩り、多くの家族連れなどの来場者でにぎわいました。

竹灯籠の写真

細かい細工の施された美しい竹灯籠もたくさん並びました

日時

令和元年9月14日(土曜日)午後6時開演、午後8時30分頃終演

場所

勝竜寺城公園(別ウインドウで開く)(長岡京市勝竜寺13番1号)

主催

長岡京市文化協会

内容

名月の宴出演団体

出演順

種目

団体名など

1大正琴大正琴愛好会
2オカリナオカリナ「チィッチィッチィー」
3日本舞踊麗憙乃会
4詩吟西山流吟詠会
5独唱Rico
6日本舞踊藤間 宗胡
7詩吟・剣詩舞秀邦吟詩舞クラブ
8雅び会
9尺八都山流尺八西山竹友会
10日本舞踊麗橘会
11詩吟・詩舞長岡京吟詠会
12民謡・三味線日本民謡 若竹会
お茶席の様子

会場では野点を行いました。神足小学校のすくすく教室で茶道を学んでいる子どもたちが浴衣を着て参加してくれました。

大正琴の演奏写真

大正琴愛好会

大正琴の明るい音色で「ふるさとは今もかわらず」や「青い山脈」など懐かしい曲が演奏され、華やかに宴が始まりました。

オカリナ演奏の写真

オカリナ「チィッチィッチィー」

初めて出演されたメンバーで、「浜千鳥」「旅愁」などを演奏され、観客の皆さんも口ずさんで楽しんでおられました。

麗憙乃会出演写真

麗憙乃会

お2人で「哥沢 高砂」の演目を披露いただきました。日も沈みはじめ、観客の皆さんも日本舞踊の雅な雰囲気を楽しんでおられました。

西山流吟詠会出演写真

西山流吟詠会

菅原道真の「九月十日」や李白の「汪倫に贈る」など迫力のある吟詠を披露していただきました。

Ricoさん出演写真

Rico

満月が昇りはじめた会場では、「赤とんぼ」や「アベマリア」など皆さんのよく知る曲が美しい歌声で披露されました。ますます幻想的な雰囲気に会場も酔いしれていました。

藤間宗胡さん出演写真

藤間宗胡

古歌に詠まれた6つの玉川の一節などが巧みに織り込まれた清元「六玉川」の美しい舞を披露いただきました。

秀邦吟詩舞クラブ出演写真

秀邦吟詩舞クラブ

ガラシャゆかりの地で源八岳の「細川伽羅奢」や石川啄木の「ふるさとの」などを披露していただきました。

雅び会出演写真

雅び会

さまざまな表情を見せる「みずうみの詩」を披露いただきました。会場いっぱいに美しいお筝の音色が響きわたりました。

都山流尺八西山竹友会出演写真

都山流尺八 西山竹友会

「若人の歓び」、「月の砂漠」を演奏していただきました。月夜にふさわしい曲目と尺八の音色で、観客の皆さんを魅了しました。

麗橘会出演写真

麗橘会

静御前が源義経を恋慕い、無事を祈る心中を描いた「長唄 賤の小田巻」を艶やかに舞っていただきました。

長岡京吟詠会出演写真

長岡京吟詠会

名月の夜にふさわしく蘇軾の「中秋の月」や中江藤樹の「諸生と月を見る」などを吟詠や詩舞もあわせて披露いただきました。

日本民謡若竹会出演写真

日本民謡若竹会

最後の演目では、新潟県の民謡「十日町小唄」、宮崎県の民謡「稗搗くずし」、「正調稗搗節」の3曲を三味線や尺八の伴奏とともに華やかに唄っていただきました。

名月の宴 ちらし・プログラム

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合せ

長岡京市文化協会事務局
(長岡京市 教育部 文化・スポーツ振興室 文化振興係)
電話: 075-955-9734 ファクス: 075-955-3150