ページの先頭です

完食宣言!  食べ残しをなくす 30・10(さんまる・いちまる)運動

[2019年10月30日]

ID:7295

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

30・10運動 啓発用ポスター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

完食宣言! 宴会での食べ残しをなくす 30・10(さんまる・いちまる)運動

食品ロスについて

 日本の食品ロスは年間約643万t発生しています。この数字は、世界全体の食糧援助量の約1.7倍となっており、国民1人1日あたりの食品ロス量はおおよそお茶碗1杯分のご飯の量に相当します。また、宴会から出された料理のうち、約20%が食べ残されていると言われています。

もったいないを減らすために

 長岡京市では、長岡京市一般廃棄物処理基本計画(別ウインドウで開く)を策定し、「減らす」、「育てる」、「考える」の3つの基本理念のもと、ごみの減量を進めています。

 さて、この計画を作るにあたって、ごみの中身を調べた組成分析調査をした結果、ごみの重量別でみてみると家庭系のごみで手つかず食品や食べ残しなどの食品ロスが37.8%、飲食店においては、51.1%もあり、長岡京市でも「もったいない」がまだまだたくさんあることがわかりました。

 そこで、ごみを「減らす」ターゲットとして、「もったいない」食品ロスを紙ごみの削減とともに取り組むことにしました。

 

『もったいない』をもう一度

食べもののもったいないをもう一度考えるきっかけとして、『30・10運動』をみなさんも一緒にひろげませんか。

『30・10運動』とは、宴会開始30分と終了10分前は席に戻り料理を食べることを推奨する運動です。

30・10運動の三つのルール

お店の予約では

  かしこく注文しないと”もったいない”

  1  少食の人が〇人子どもが〇人など伝えて、グループにあった最適な量を頼みましょう。

  2  一品減らして質を上げてもらうなど、食べ残しをなくして美味しくいただましょう

  3  食べれないものを伝えて食べ残しをなくしましょう

宴会が始まったら

  おいしく食べないと”もったいない”

  乾杯後(開始後)30分間は料理を楽しもう!

  温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちにおいしく食べましょう

宴会のお開きが近づいたら

  残してしまうと“もったいない”

  お開き前の10分間はもう一度料理を楽しもう!

  幹事さんは「食べきり」を呼び掛けたり、大皿料理の残りを小分けにして食べやすくしましょう

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市環境経済部環境業務課(分庁舎1)ごみ減量推進担当

電話: 075-955-9548

ファクス: 075-955-9955

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム