ページの先頭です

筍のさしみ

[2014年7月22日]

ID:2032

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

材料

白子筍
出し昆布
酢味噌(白味噌=大さじ4、酢=大さじ2、酒=大さじ2、みりん=大さじ2、砂糖=大さじ2)
ごま酢味噌(味噌=大さじ2、醤油=大さじ1、みりん=大さじ1、酒=大さじ1、すり胡麻=大さじ1、一味唐辛子=少々)
梅醤油(梅干しペースト=大さじ2、醤油=大さじ3~4、酒=大さじ2、砂糖=小さじ1)
土佐醤油(醤油=1カップ、みりん=大さじ1、酒=大さじ1、削りかつお=1カップ)
辛子酢味噌(A、B)
A(西京味噌=1カップ、砂糖=大さじ1~2)
B(酢=適量、溶き辛子=適量)

作り方

  1. 筍を根元と先端部を切り落とし、芯に届くように切り目を入れる。
  2. 鍋に出し昆布・1を入れ、水・酒をかぶる位まで加えて1時間ほど茹でる。
  3. 皮をむいて輪切りで2~3mm厚さに切り、器に皮を飾りに敷き、さしみを盛り、木の芽を添えてわさび醤油・好みのたれで楽しんでください。

酢味噌=小鍋に入れ、ゆっくり練り上げる。
土佐醤油=中火で2~3分煮立て、冷めてから漉す。
辛子酢味噌=Aを弱火でぽってりと練り、冷めてからBを好みの分量加えて混ぜる。

4月に入って白子筍が出るようになってから、掘り立ての新鮮で太ぶりな筍で作ると珍味です。風味、季節感、淡白な味わいと歯切れのよさ、持ち味が楽しめる極上の一品です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

環境経済部農林振興課農業振興係

お問い合せ

長岡京市環境経済部農林振興課農業振興係

電話: 075-955-9514

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム