ページの先頭です

外国人住民のみなさんにも「住基ネット」の運用が始まりました

[2016年12月2日]

ID:3185

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年7月8日から、外国人住民の人についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が始まりました。

外国人住民の人も住民票へ住民票コードが記載されました

 住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の人の住民票に住民票コードが記載され、平成25年7月8日より、住民票コードをご本人宛てに郵送にて通知しました。一部の行政手続きにおいて、住民票コードの記載を求められることがありますので、住民票コードの通知は大切に保管してください。

できるようになったこと

  • 一部の行政機関で、住民票の写しの提出の省略が可能になるなど、手続きが簡略化されました。
  • お住まいの市区町村以外でも住民票の写しの交付を受けることができるようになりました。個人番号カード、住基カード又は在留カード・特別永住者証明書等の提示が必要です。

  広域交付について

  • 個人番号カードまたは住基カードの交付を受けている人は、転入届の特例が受けられ、郵送等により転出届を行うことで、引越し時の手続きで市区町村の窓口に出向くのは、引越し先の一回で済むようになりました。

  転入転出の特例について