ページの先頭です

国民健康保険からの脱退

[2018年6月12日]

ID:1615

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

  • 他の健康保険に加入していながら国保の保険証を使って受診してしまった場合には、国保が負担した医療費は全額返さなくてはなりません。
  • また、届け出が遅れてしまったために保険料を二重に支払ってしまうこともありますので、必ず14日以内に届け出をしましょう。

国民健康保険から脱退するとき(資格がなくなるとき)

  • 長岡京市から転出するとき
    →転出の届出をした後、窓口にお越しください。
  • 社会保険など、他の健康保険に加入した(被扶養者になった)とき
    →新しく作られた社会保険などの保険証あるいは健康保険資格取得証明書が必要になります。
  • 加入者が亡くなったとき
    →死亡の届出をした後、窓口にお越しください。
  • 生活保護が開始されたとき
    →保護開始決定通知書が必要になります。
  • 65歳以上で一定の障がいがあると認められて、長寿(後期高齢者)医療の被保険者となったとき
    →新しく作られた長寿(後期高齢者)医療の保険証

※国保の保険証、印鑑をお持ちください。

※別世帯の代理人が届出される場合は、委任状が必要となります。国民健康保険に関する手続きを別世帯の代理人が届出される場合をご確認ください。

関連する情報

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市健康福祉部国民健康保険課国保係

電話: 075-955-9511

ファクス: 075-951-1929

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


国民健康保険からの脱退への別ルート