ページの先頭です
メニューの終端です。

農地法に定める手続きの案内

[2016年4月12日]
長岡京市の農地の写真

農地法第1条に掲げる目的を達成するため、農地や採草放牧地(以下農地等)の所有権を移転、または使用収益権を設定もしくは移転する際に(以下権利移動)、手続きが定められています。また、農地を農地以外の目的に転用する際も手続きが必要です。

1.農地を売買や貸借する場合

農地等について、耕作の目的で所有権を移転する場合や賃借権、使用貸借権を設定しようとする場合は、農地法第3条の規定による農業委員会の許可が必要です。なお、長岡京市では農地の権利取得に際して、権利取得後の経営面積が30アール以上となるよう下限面積の要件が設定されております。

平成25年8月5日に開催された農業委員会総会において、農地の権利取得にかかる下限面積について審議された結果、市内の農業の経営規模など地域の実情を考慮して、これまでの40アールから30アールに変更されました。

必要書類

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

添付書類(一覧をダウンロードし、必要な物をご確認下さい)

耕作状況等証明書については、居住地の農業委員会で取得して下さい。

提出部数

正本1部(申請書は実印入り)

提出期限

毎月20日(20日が閉庁日の場合は、前開庁日)

2.農地等を転用する場合

農地の転用とは、農地を住宅や駐車場などの農地以外のものにすることです。農地の所有者自らが転用を行う場合は、農地法第4条の許可(届出)が必要です。転用時に、権利移動(所有権移転、賃借権設定等)が伴う場合は、農地法第5条の許可(届出)が必要です。市街化区域においては市農業委員会に届出、市街化調整区域においては京都府知事の許可が必要です。なお、平成21年12月15日に改正農地法が施行され、我が国の食料自給率の向上を図るため、農地の転用については農地法等で規制が強化されています。

必要書類

許可申請につきましては、各種の要件がありますので、計画段階で事前の相談をお願いします。

添付書類(一覧をダウンロードし、必要な物をご確認下さい)

提出部数

市届出分は正本1部、京都府許可分は正本1部副本1部(申請書はいずれも実印入り、副本の添付書類についてはコピー可)

提出期限

届出は随時受け付け。許可申請は毎月20日(20日が閉庁日の場合は、前開庁日)。

参考資料

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市農業委員会事務局 農業委員会事務局

電話: 075-955-9536 ファクス: 075-951-5410