ページの先頭です

8.夏肥え

[2013年2月19日]

ID:2130

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

夏ごえ作業をする男性の写真

8月から9月ごろになると、竹の細い根が竹林一面に広がっています。この時期に肥料を与え、良いたけのこを産むようにします。ほぼ1メートル間隔で、地表を削るようにクワで穴を開けます。そこに、粒状の肥料を少しずつ入れて、土をかぶせていきます。
これも手間のかかる作業ですが、ヤブ蚊との戦いでもあるのです。長年、作業をしている農家は、「私らは慣れていますから」と、たんたんと進めていきます。この時期の竹林は、たけのこ収穫の後に落ちた竹の葉が、びっしりと地表を覆っています。親竹は、養分を蓄える時期です。
(写真撮影 平成20年10月2日)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

  長岡京市環境経済部農林振興課農業振興係
  電話: 075-955-9514 ファクス: 075-951-5410