ページの先頭です

差別をなくすための法律の施行について

[2018年12月28日]

ID:7179

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

差別をなくすための法律の施行について

 差別の解消を目指し、我が国においては、今日まで日本国憲法や教育基本法の精神に基づき民主的で文化的な国家の建設及び世界平和と人類の福祉の実現に向け、人権意識の高揚を図る取り組みが推進されてきました。

 また、本市においても差別の解消に向け人権啓発や人権教育に取り組んでまいりました。

 しかしながら、未だに多くの差別事象が私たちの周りに存在しています。

 こうした状況の中、差別の解消に向け法律が施行されました。

 一人ひとりが人権を尊重し合い、差別のない住みよい社会を築くため、思いやりを大切にしていきましょう。

 

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律

 特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動、いわゆるヘイトスピーチの解消のため、平成28(2016)年6月3日に「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(ヘイトスピーチ解消法)」が公布・施行されました。

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律

部落差別の解消の推進に関する法律

 就職や結婚等に際して根強く差別が存在する部落問題の解決に向けて、平成28(2016)年12月16日に「部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)」が公布・施行されました。

部落差別の解消の推進に関する法律

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部人権推進課人権平和推進担当

電話: 075-955-3180

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム