ページの先頭です

サイレンが鳴るのはこんな時

[2013年1月24日]

ID:272

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市内7カ所に防災用のサイレンを設置しています。
音の長さによって「消防団の招集」「避難勧告・避難指示」の2種類を使い分けています。
大きな音が鳴りますが、みなさんのご理解とご協力をお願いします。

サイレンの種類

消防団の招集 「5秒鳴らし・6秒休み」を約2分間

火災時に、消防団員を緊急招集するために鳴らします。

避難勧告・避難指示 「1分鳴らし・5秒休み」を3回繰り返し

大規模災害時の避難勧告と避難指示を市民のみなさんにお知らせするために鳴らします。
※サイレンのほかに「広報車での巡回」「自治会への連絡」でお知らせします。

サイレンはこんな音です

添付ファイル

Windows Media Player の入手
wmv,avi,asf,mpg,wav,mp3ファイルの閲覧には Microsoft社のWindows Media Playerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Windows Media Player をダウンロード(無償)してください。

サイレンの設置箇所は次の7カ所

  • 市役所
  • 乙訓消防本部
  • 奥海印寺自治会館
  • 今里自治会館
  • 久貝公民館
  • 西山公園体育館
  • 金ヶ原自治会館

避難に関する情報は3段階

台風の接近や警報の発表など災害発生の恐れがある場合、市では災害対策(警戒)本部を設置して、市職員や消防職員が市内の状況を見回ります。
避難が必要と判断した場合は、危険度に応じて次の3段階の避難に関する情報を発令します。

  1. 避難準備情報(危険度:低)
    避難の準備と事態を広報車などでお知らせ(サイレンは鳴りません)
  2. 避難勧告(危険度:中)
    被害が発生する恐れがある場合
  3. 避難指示(危険度:高)
    状況がさらに悪化し、避難が必要な場合

防災マップをご確認ください

もしもの時に備えて、自宅周辺の状況などを確認しておいてください。
次の防災マップのページをご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

市民協働部防災・安全推進室防災・危機管理担当

お問い合せ

長岡京市市民協働部防災・安全推進室防災・危機管理担当

電話: 075-955-9661

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム