ページの先頭です

京都西山再生プロジェクト(ふるさと納税)

[2017年5月8日]

ID:6103

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

西山の紹介

京都府長岡京市の西域を占める森林を、私たちは「西山(にしやま)」と呼んでいます。

都市近郊にありながら貴重な緑の資源である西山は、長岡京市の代表的な景観であり、人々に愛されています。

平成17年からは、森林所有者や市民団体、企業、学識経験者、行政など、様々な主体が連携し、森林保全活動を進めています。 

いま、西山が危機に

近年、社会情勢や生活様式の変化などにより、人の手が行き届かない森林部分が西山全域に広がっており、様々な問題を引き起こしています。

【1】暗い森の進行

木々が生い茂り、太陽の光を通さない「暗い森」が広がっています。暗い森の中では木々の根元に自生する下草などが成長できず、それらをエサとする動物にも影響を与えます。

【2】シカによる食害

増えすぎたシカにより、樹木の新芽が食べられ、新たな植物が育たない環境にあります。このままでは、シカの好まない植物だけが繁殖する森になってしまいます。

【3】拡大竹林の脅威

竹は成長速度や繁殖力が高く、手入れがされていない竹林は、山地へと拡大していきます。他の樹木に比べて根が浅いため、土砂崩れなどの災害の危険性が高まります。

生物多様性に富んだ森づくりを

そこで、西山を「カブトムシ」や「オオムラサキ」など、多様な生き物が暮らすことのできる森として守っていくために、クヌギやコナラ、エノキなどの苗木を植樹し、災害に強く、豊かな森づくりを進めます。
また、通行量の多い道沿いには、景観を彩るヤマザクラやカエデなどの苗木を植樹し、西山を訪れる人々が楽しめるような森づくりを進めます。

取り組み内容

植樹と言っても、ただ苗木を植えるだけではありません。

植える場所の不要木の伐採、植えた苗木をシカの食害から守るネットの設置、日照量を確保するための毎年の草刈り作業など、関連する取り組みがとても大切です。

これだけの費用が必要です

多様な生き物の暮らす森づくりを進めるために、約15ヘクタールの範囲に660本の植樹をしたいと考えています。

そのためには、10年間の年月がかかるとともに、約800万円の費用が必要になります。 

西山を守るために、整備費用の一部を、皆さまに御協力いただけないでしょうか。

あなたの寄附で

木を1本植えるためには、整備費用を含め約1万円が必要です。
(植樹場所の事前整備、シカ対策のネット設置、環境維持活動にかかる経費を含みます。)

寄附をしていただくと

◎植樹活動へご招待します!

西山の環境に直接触れていただくイベントや、植樹活動へご招待させていただきます。
長岡京市が誇る西山の自然を、ぜひお楽しみください。
(10~11月頃を予定。当市までの交通宿泊費等は自費となります)

◎お名前を掲示します!

ご寄附をいただいた方のお名前を、ネームプレートにして、整備エリア内に掲示させていただきます。(5千円以上の寄附をされた方のうち、希望された方が対象)

「京都西山再生プロジェクト」の事業概要はこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
リンク用バナー(これまでの取り組みページ)


◆ 『京都西山再生プロジェクト』これまでの取り組みをまとめています。(画像クリックでページへ移動)



寄附の申し込み

京都・長岡京応援寄附金(ふるさと納税)の手続き方法など、詳細については下記のページをご覧ください。

プロジェクトへの参加:京都・長岡京応援寄付金(ふるさと納税)(別ウインドウで開く)

 

 

京都・長岡京応援寄附金(ふるさと納税) その他の事業 (画像クリックでページへ移動)

本を贈ろうプロジェクト
バンビオイルミネーション

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

環境経済部農林振興課西山森林整備係

お問い合せ

長岡京市環境経済部農林振興課西山森林整備係

電話: 075-955-9687

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム