ページの先頭です

鳥インフルエンザについて

[2018年2月8日]

ID:7374

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

京都府内の状況

1月22日(月曜日)  死亡したカルガモ1羽が、A型鳥インフルエンザ遺伝子検査にて陽性反応

1月29日(月曜日)  確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザではない(H12N2亜型)と判明

これにより、長岡京市も対象となっていた重点監視区域は解除されましたが、引き続き、京都府などの関係機関と連携し、監視体制の強化に取り組んでいきます。家庭での鳥類の飼育にあたり注意をお願いするとともに、死亡した野鳥を発見した際には、下記お問い合わせ先への連絡をお願いします。

野鳥との接し方

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥類やその死体等に濃厚に接触した場合を除いて、通常は人に感染することがないと考えられています。市場に出回っている鶏肉、鶏卵は安全ですので、安心してお買い求めください。

ただし、野鳥は様々な細菌や寄生虫を持っていますので、野鳥との接し方については、以下の点にご注意ください。

 

 ◆ 衰弱したり、死亡した野鳥を見つけた場合は、素手で触らないでください。
    また、死亡している野鳥を見つけた場合は、農林振興課(電話:075-955-9687)までご連絡ください。

 ◆ 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしてください。

 ◆ 鳥インフルエンザウイルスは、野鳥のフンが靴の裏や車両に付くことにより、他の地域へ運ばれる
    おそれがあります。野鳥に近づきすぎないようにしてください。

 ◆ 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

 

家庭で鳥類を飼養されている皆さんへ

 

 ◆ 放し飼いにせず、飼育舎を金網で囲うなどの対策を取り、野鳥との接触を防いでください。

 ◆ 飼育舎へ出入りする際は、長靴や消毒槽を用意してください。

 ◆ 飼育舎へ出入りした後は、手洗いとうがいを徹底してください。

 ◆ 飼育している鳥類が頻繁に死んでしまうなどの場合は、農林振興課(電話:075-955-9687)までご連絡ください。

 

参考リンク

組織内ジャンル

環境経済部農林振興課西山森林整備係

お問い合せ

長岡京市環境経済部農林振興課西山森林整備係

電話: 075-955-9687

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


鳥インフルエンザについてへの別ルート