ページの先頭です

弟国宮(おとくにのみや)遷都1500年記念事業

[2018年7月6日]

ID:7305

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

弟国宮遷都1500年を迎えます

弟国宮遷都1500年
「弟国宮」とは

1500年前、歴史の舞台は長岡京市!

長岡京市は、784年に遷都された「長岡京」の地で知られていますが、実はそれより以前にも都が営まれました。

それが、「弟国宮(おとくにのみや)」です。

日本書紀によると、518年、継体天皇(けいたいてんのう)によって、「筒城宮(つつきのみや)」(京田辺市)から遷都されました。

平成30(2018)年は、この遷都から1500年の記念の年を迎えます。


継体大王とは
継体天皇像

継体天皇

第26代継体天皇(けいたいてんのう)は、西暦507年に「樟葉宮(くずはのみや)」(大阪府枚方市)で即位します。

継体天皇は、応神天皇(おうじんてんのう)の五世の孫で、父は彦主人王(ひこうしのおう)、母は振姫(ふりひめ)と言われています。

継体天皇が幼少のとき、父彦主人王が亡くなったため、振姫は幼子を連れて越前国(福井県)に戻り養育しました。

日本書紀によると、ヤマトを治めていた武烈天皇(ぶれつてんのう)が亡くなると、皇位継承者が絶えそうになったことから、大連(おおむらじ)の大伴金村(おおとものかなむら)らが候補者を捜し、越前にいた継体天皇に白羽の矢を立てたと記されています。

遷都を重ねヤマトへ

継体天皇は、「樟葉宮」で即位した後、継体5年(西暦511年)に「筒城宮」(京都府京田辺市)に遷都し、その後、継体12年(西暦518年)に「弟国宮」として遷都しますが、その地が長岡京市北部だと考えられています。

「弟国宮」は、「磐余玉穂宮(いわれのたまほのみや)」(奈良県桜井市)に遷都するまでの数年間、歴史の舞台として選ばれていました。

継体天皇は、古くから淀川水系の交通の要衝として栄えた長岡京市に宮をおき着実に勢力を拡大してヤマトへ向かったと考えられています。それは、当時のヤマト(それまでの政権の中心地)には、継体天皇と対立する旧勢力の存在があったとも言われています。


「弟国宮」はどこに

「弟国宮」はどこに?

答えは、未だ確定していませんが、長岡京市北部が有力と考えられています。

古事記伝には、「井乃内村、今里村の辺なり」と記されています。

また、井ノ内では、長岡第十小学校の建設時の埋蔵文化財発掘調査で、『弟国』と記された奈良時代の墨書土器の一部が出土しています。

井ノ内車塚古墳や井ノ内稲荷塚古墳などの市北部の古墳群は、継体天皇即位後に一気に出現していることからも、「弟国宮」との関連が注目されています。


長岡京市歴史再発見のために

平成30年は、「長岡京市歴史再発見の年」です!

弟国宮遷都1500年を迎えた平成30年。この一年を「長岡京市歴史再発見の年」として、さまざまな長岡京市の歴史・文化を発信しています。

ぜひ、長岡京市に魅力にふれ、歴史を再発見してみてください!


弟国宮遷都1500年記念スタンプラリーへ

弟国宮遷都1500年記念スタンプラリーを開催します!

長岡京市内、10か所にスタンプを設置しました。3つ以上のスタンプを集めて、記念品を手に入れよう!

期間

平成30年7月14日(土曜日)~9月15日(土曜日)

参加方法

1 まずは台紙を手に入れよう!(市内公共施設にチラシ兼台紙を配架します・ホームページからダウンロード)

2 市内のスタンプスポットを3か所以上回ってスタンプを集めよう!

3 3つ以上スタンプが集まったらクリア。中山修一記念館で記念品を贈呈します。

スタンプラリー台紙とマップ

上の「弟国宮遷都1500年記念スランプラリー」のバナーをクリックしてください


歴史日めくりのページへ

「長岡京市歴史日めくり」毎週更新中!

長岡京市の身近な歴史的できごとをお知らせしています。

長岡京市の身近な歴史的エピソードを、なるべくできごとが起こった日付けに合わせてお知らせしています。

「長岡京市歴史日めくり」へは、上のバナーをクリックしてください。


イベントのページへ

歴史・文化財を楽しむイベントが盛りだくさん!

身近な歴史にふれられることは、長岡京市の魅力の一つ。

年間を通じて、いろいろなイベントを開催しています。

ぜひ、歴史・文化財にふれるイベントに参加して、もっともっと長岡京市のことを知ってみてください。

きっと新しいワクワクが増えるはずです。

「イベント情報」へは、上のバナーをクリックしてください。


ギャラリーのページへ

かしこ暮らしっくなまちの魅力を映像でご覧ください!

真面目な歴史・文化財情報から、おもしろ映像まで、旬な情報を発信中です。

「ギャラリー」へは、上のバナーをクリックしてください。


情報誌のページへ

長岡京市歴史再発見の年情報誌「Moshi-mosu」

歴史再発見のための手作り情報紙を発行しています。

ぜひ、ご覧ください。

「ギャラリー」へは、上のバナーをクリックしてください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市教育部生涯学習課(図書館内)生涯学習・文化財係

電話: 075-955-9534(生涯学習)、075-954-3557(文化財)

ファクス: 075-954-8500

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


弟国宮(おとくにのみや)遷都1500年記念事業への別ルート