ページの先頭です

高額療養費の支給

[2020年5月25日]

ID:1552

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お手続きはまずお電話ください 】

長岡京市国民健康保険課国保係:電話955-9511(直通)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できるだけ外出いただかなくていいように、手続きをご案内します。



保険診療で受診した医療費の自己負担額が高額になったとき、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。
自己負担限度額は、医療機関にかかった人の年齢や市民税の課税状況などにより異なります。

また、高額な診療を受けるときには、あらかじめ限度額適用認定証等を提示すれば、ひと月の医療機関等の窓口での支払いが自己負担限度額までにとどめられます。

支給される額

70歳未満の人

暦月(月の1日から末日)単位、入院・外来・歯科別で、同一医療機関で保険診療分の自己負担額が21,000円以上のものを合算し、自己負担限度額を超えた金額。

70歳以上75歳未満の人

暦月(月の1日から末日)単位で、保険診療分の自己負担額の合計が自己負担限度額を超えた金額(入院と外来は別区分です)。

自己負担限度額

70歳未満の人の場合

自己負担限度額(月額)
区分 世帯の所得要件 自己負担限度額(月額)

基礎控除後の所得が
901万円を超える

252,600円+医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
【多数該当:140,100円】

基礎控除後の所得が
600万を超え、901万円を超えない

167,400円+医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
【多数該当:93,000円】

基礎控除後の所得が
210万円を超え、600万円を超えない

80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
【多数該当:44,400円】

基礎控除後の所得が
210万円を超えない

57,600円
【多数該当:44,400円】

住民税非課税世帯

35,400円
【多数該当:24,600円】

  • 「多数該当」とは、過去12ヶ月以内に高額療養費の支給が4回以上あった場合の、4回目以降の金額です。

70歳以上75歳未満の人の場合

平成30年8月診療分以降

自己負担限度額(月額)
区分外来(個人ごと)
A
入院+外来(世帯ごと)
B
高齢受給者証の
負担割合

現役並み所得者III
(課税所得690万円以上)

外来のみでの上限なし

252,600円+医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
【多数該当:140,100円】

3割

現役並み所得者II
(課税所得380万円以上)

外来のみでの上限なし

167,400円+医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
【多数該当:93,000円】

3割

現役並み所得者I
(課税所得145万円以上)

外来のみでの上限なし

80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
【多数該当:44,400円】

3割
一般

18,000円
【年間上限:144,000円】

57,600円
【多数該当:44,400円】

2割※3
区分II※18,000円24,600円2割※3
区分I※28,000円15,000円2割※3

平成29年8月から平成30年7月診療分まで

自己負担限度額(月額)
区分外来(個人ごと)
 A
入院+外来(世帯ごと)
B
高齢受給者証の
負担割合
現役並み所得者57,600円80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、
その超えた分の1%
【多数該当:44,400円】
3割
一般14,000円
【年間上限:144,000円】
57,600円
【多数該当:44,400円】
2割※3
区分II※18,000円24,600円2割※3
区分I※28,000円15,000円2割※3

平成29年7月診療分まで

自己負担限度額(月額)
区分外来(個人ごと)
A
入院+外来(世帯ごと)
B
高齢受給者証の
負担割合
現役並み所得者44,400円80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、
その超えた分の1%
【多数該当:44,400円】
3割
一般12,000円44,400円2割※3
区分II※18,000円24,600円2割※3
区分I※28,000円15,000円2割※3

※注釈の解説

  1. 区分Ⅱとは、属する世帯の世帯主及び国保加入者全員が住民税非課税の人のことをいいます
  2. 区分Ⅰとは、属する世帯の世帯主及び国保加入者全員が住民税非課税で、所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円になる人のことをいいます
  3. 昭和19年4月1日以前に生まれた人は1割
  • 「多数該当」とは、過去12ヶ月以内に高額療養費の支給が4回以上あった場合の、4回目以降の金額です。ただし、上の表の「A」(外来のみの支給)はカウントに含めず、「B」(入院を含む支給)のみをカウントの対象とします。

 

70歳未満の人と70歳以上75歳未満の人が同じ世帯の場合

  • まず70歳以上75歳未満の人の支給額を算定し、残った自己負担額と70歳未満の人の合算対象額(21,000円以上の自己負担額)を合計し、70歳未満の人の自己負担限度額を適用します。

注意事項

  • 給付の時効は、診療月の翌月の1日から(一部負担金を診療月の翌月以降に支払った場合は支払った翌日から)数えて2年間となっています。忘れないよう2年以内に申請してください。

申請に必要なもの

申請書様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合せ

長岡京市健康福祉部国民健康保険課国保係

電話: 075-955-9511

ファクス: 075-951-1929

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


高額療養費の支給への別ルート