ページの先頭です

平成31(2019)年度胃がんリスク検診

[2019年4月1日]

ID:4115

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成31(2019)年度胃がんリスク検診

 胃がんのほとんどが、ピロリ菌の感染によっておこる慢性胃炎から進展すると言われています。

 胃がんリスク検診とは、血液検査で、ピロリ菌に感染しているか(ピロリ菌抗体検査)と、胃炎があるか(血清ペプシノゲン検査)を調べ、胃がんになりやすいかどうかの危険度を分類する検査です。胃がんそのものを見つける検査ではありません。検診の結果、要精密検査となった場合は、必ず胃内視鏡検査(保険診療)を受けてください。

対象者

2019年4月1日現在 55歳(昭和38年4月2日生から昭和39年4月1日生)の市民。

対象者へは6月末に受診票等を送付します。


実施期間

2019年7月1日(月曜日)から10月31日(木曜日)

検診内容

血液検査 (ピロリ菌抗体検査・血清ペプシノゲン検査)

自己負担金

500円 (生活保護受給者証、保健事業自己負担金免除カードを提示すると免除)

受診方法

受診票を記入の上、胃がんリスク検診委託医療機関に受診

注意事項

問診の内容(胃がんと診断された方、胃切除手術を受けた方)によっては受けられないことがあります。受診される医師にご相談ください。

場所

市の胃がんリスク検診の結果、要精密検査者となられた方へ

平成29年4月以降にピロリ菌除菌治療を受けられた方に、除菌治療費の一部を助成する制度があります。

その他に対象となる方や、助成額、申請方法等詳しいことは下記の京都府のホームページをご参照ください。

京都府ピロリ菌除菌治療費一部費用助成について(別ウインドウで開く)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

健康福祉部健康医療推進室保健活動担当

お問い合せ

長岡京市健康福祉部健康医療推進室保健活動担当

電話: 075-955-9704

ファクス: 075-955-2054

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム