ページの先頭です

COOL CHOICE実践補助金(電気自動車も対象)※太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置補助は終了しました

[2021年3月26日]

ID:10968

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

COOL CHOICE実践補助金について

”環境の都”を目指す長岡京市では、地球温暖化の防止を推進するために、市民が行う温暖化の防止と暮らしやすさを両立する賢い選択「COOL CHOICE」の実践を推奨しています。

その活動に要した経費の一部を補助する4つのメニューを紹介します。

各補助金制度は4月1日より受付開始となります。ぜひ、この機会にご利用ください。


薪ストーブの設置補助

[補助金額] 対象経費の2分の1を補助(上限10万円)

[対象経費] 薪ストーブ本体、煙突、付属品の購入費と、それらの取付工事費、煙突窓の加工費

[申請受付期限] 令和4年3月15日(火曜日)必着

[条件] 

❶本市内の住宅で、申請者自らが居住する住宅又は本市内の事業所に設置するもの 

❷薪、端材等を燃料とし、二次燃焼等により排煙を減少させる機能を有するストーブを設置する事業で、暖房に使用するものであること 

❸未使用品の購入を伴うこと 

❹長岡京市森林組合が販売する薪を使用すること。ただし、当該薪の販売が終了したときはこの限りではない 

❺補助対象経費に係る支払いが完了後3カ月以内に申請を行うこと


住宅窓の断熱改修工事補助

[補助金額] 対象経費の10分の1を補助(上限5万円)

[対象経費] ガラス・窓及びそれと不可分な部材の製品に係る費用と、それらの交換・取付工事費

[申請受付期限] 令和4年3月15日(火曜日)必着

[条件] 

❶本市内の住宅で、申請者自らが居住する住宅の窓の断熱改修工事であること 

❷本市内の業者に発注する工事であること 

❸既存のガラス・窓を交換又は既存の窓の内外に二重窓を新設する工事で、熱貫流率が4.65W/㎡・K以下の製品を使う工事であること 

❹補助対象経費に係る支払いが完了後3カ月以内に申請を行うこと


太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置補助※申請上限に達したため終了しました。

[補助金額] 以下A~Cの合計(上限14万円) ※ただし対象経費の2分の1以内

 A基本額1万円

 B太陽電池モジュールの公称最大出力1kW当たり1万円(千円未満切捨、上限4万円)

 C蓄電池容量1kWh当たり1万5千円(千円未満切捨、上限9万円)

[対象経費] 太陽光発電設備、蓄電設備、付属品の購入費と、それらの取付工事費(HEMSや給湯設備は対象外)

[申請受付期限] 令和3年12月28日(火曜日)必着

[条件] 

■太陽光発電設備

❶本市内の住宅で、申請者自らが居住する住宅又は当該住宅と同一場所に設置するものであること 

❷❶の住宅に電力を供給するため、太陽光を利用して発電を行う設備で、太陽電池出力(日本産業規格又はIEC規格等の国際規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの最大出力の合計値をいう。)が1kW以上10kW未満のもの 

❸未使用品の購入を伴うこと 

❹電気事業者の配電線と逆潮流ありで連系するもの。ただし、余剰売電を条件とするものであり、全量売電は不可とする 

❺電気事業者との電力受給を開始しており、その開始日から6カ月以内に申請を行うこと


■蓄電設備

❶本市内の住宅で、申請者自らが居住する住宅に設置するものであること

❷日本産業規格若しくは一般社団法人電池工業会規格に準拠しているもの又は第三者認証機関により認証されたもので、蓄電容量の合計が1kWh以上のもの 

❸未使用品の購入を伴うこと 

❹太陽光発電設備により発電する電力を充放電できるよう、太陽光発電設備と連携しているもの


次世代自動車の購入補助

[補助金額] 定額10万円

[対象経費] 車両の購入費

[申請受付期限] 令和4年3月15日(火曜日)必着

[条件]

❶国内で販売される国産の4輪車両のうち電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車のいずれかであること 

❷「自動車検査証」上の「使用の本拠の位置」が本市内であり、「使用者」と「所有者」がともに申請者と同一であること 

❸車両の初回登録年月が令和3年4月以降の車両であること 

❹個人間の売買で取得した車両でないこと 

❺補助対象経費に係る支払いが完了後3カ月以内に申請を行うこと


注意点

①補助金の交付を受けた場合は、当該補助金の交付を受けた設備等を、その法定耐用年数の期間、処分することなく、適切に管理しなければなりません。

②補助金の計算は千円未満切捨です。計算結果が1万円未満の場合は、補助金を交付しません。

③申請は、一つの補助対象事業につき1申請者1回限りです。予算の範囲内で先着順に受け付けます。

 

申請時に必要な書類

必要書類一覧

補助対象事業

共通書類

個別書類

薪ストーブの設置

①長岡京市COOL CHOICE実践補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号) 

②補助金交付申請にあたっての確認書(様式第2号) 

③市税納付状況の照会に関する同意書(様式第3号) 

④申請日前3カ月以内に発行された申請者個人の住民票の写し(薪ストーブの設置を行う事業所の場合は、事業所の所在地が確認できる書類) 

⑤委任状(代理申請の場合) 

⑥その他市長が必要と認める書類(別途提出を求められた場合)

⑦誓約書(様式第4号)

⑧部屋の間取り図に施工箇所を明示したもの 

⑨設置後の薪ストーブのカラー写真 

⑩設置した薪ストーブの製品カタログ、仕様書等 

⑪補助対象経費の支払日が確認できる書類(領収書、銀行等の振込依頼書等の写し)及びその支払い額の内訳から、補助対象経費の額が確認できる書類(工事請負契約書、見積書等の写し)

住宅窓の断熱改修工事

⑦部屋の間取り図に施工箇所を明示したもの 

⑧施工箇所全ての工事前と工事後のカラー写真 

⑨施工した製品(ガラス、窓)の熱貫流率が確認できる製品カタログ、仕様書等 

⑩補助対象経費の支払日が確認できる書類(領収書、銀行等の振込依頼書等の写し)及びその支払い額の内訳から、補助対象経費の額が確認できる書類(工事請負契約書、見積書等の写し)

太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置

⑦別に定める電気事業者との電力受給契約が確認できる書類 

⑧太陽電池モジュールの配置図面 

⑨設置した太陽光パネル及び蓄電池のカラー写真 

⑩太陽電池モジュールの製造業者又は販売業者等が作成する出力対比表(設置する太陽電池モジュールの合計出力及び個々のモジュールの製造業者、型式、出力並びに製造番号を記載したもの) 

⑪蓄電池の製品カタログ、仕様書等 

⑫補助対象経費の支払日が確認できる書類(領収書、銀行等の振込依頼書等の写し)及びその支払い額の内訳から、補助対象経費の額が確認できる書類(工事請負契約書、見積書等の写し)

次世代自動車の購入

⑦自動車検査証の写し

⑧申請の対象となる車両の車庫の位置が分かる地図(集合駐車場の場合は区画番号を記入)

⑨購入した車両のカラー写真(プレートナンバーが確認できること。) 

⑩購入した車両の製品カタログ、仕様書等 

⑪補助対象経費の支払日が確認できる書類(領収書、銀行等の振込依頼書等の写し)及び支払いの対象となった車両の名称が確認できる書類(注文書、売買契約書等の写し)

薪ストーブの設置補助を申請する場合の必要書類様式

太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置補助を申請する場合の任意様式

補助対象経費の額が確認できる書類(支払額の内訳書)がない場合の任意様式

要綱・チラシはこちら

お問い合せ

長岡京市環境経済部環境政策室環境政策担当

電話: 075-955-9542

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


COOL CHOICE実践補助金(電気自動車も対象)※太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置補助は終了しましたへの別ルート